カテゴリーアーカイブ 女優

著者:タツヤ

オーディション別に撮り分けるテクニックが合格の秘訣


芸能系のオーディションは、俳優、ミュージカル、声優、モデル、ダンサー、歌手など様々なカテゴリーに分かれています。そして各々のオーディション審査員たちはその道に精通している専門家が中心となりますので、業界人が見て「印象的な写真」であることが合格の秘訣と言えます。そのためオーディション写真や宣材写真は「必要とされる人材であること」をしっかりとアピールしている事が重要です。

それには各業界に沿ったかたちに撮り分けることが必要となり、その為カメラマンやヘアメイクスタッフは優れたテクニックと様々な仕事に携わってきたというキャリアが必要です。また何のオーディション(又は宣材)に応募するかを伺うことにより最適な写真を撮影する事が可能となります。

ミュージカルオーディションの撮り方


子役編


アニーや劇団四季のライオンキングなどが人気の中心となっていますが、その他にも出演してみたいシナリオは沢山あり、最近ではビリーエリオットやズボン船長(大人役も募集中)なども募集されています。子役の場合、ダンススクールやバレースタジオに通っているのが一般的で、既にプロダクションに所属して幾つかの舞台を踏んでいるお子さんもいらっしゃいます。この様に日ごろのトレーニングや経験は欠かせませんが、もう一方で優れたオーディション写真・宣材写真が必要であるこも事実です。

初めて撮影するお子さんの場合は大きなカメラや照明に圧倒されることもあると思いますが、フレンドリーなスタッフとの会話で直ぐになれることが出来るでしょう。オーディション用の撮影は記念撮影とは違い、笑ってなどと声をかけることはなく、無理やり笑うのではなく、むしろ自然に笑える環境を作ることに努めています。またテクニック的に綺麗な表情をできるようにレッスン(レッスンプランの場合)することも出来、その後で本番撮影に入ることが可能です。そしてレッスン撮影した写真をモニターに映し出し「自分の表情やポーズを確認する」ことで理解力が増すことになります。

またリピーターのお子さんでも(撮られ方を忘れてしまうので)復習を兼ねて練習撮影する事をお勧めします。2度目からは友達の様になれるのでスムーズに撮影できることがほとんどです。掲載のお嬢さんともしっかりと「お友達」をやらせてもらっています。

子役のオーディション写真・宣材写真撮影は(とても)リピーターさんが多く1年に数回は来て頂いています。複数回来て頂くことでテクニックも上がり、アニーのオーディションでは当スタジオで撮影した沢山のお子さんが一次審査通過(写真と書類審査)や出演をされており、再度撮影に来てくれたときに前回の審査結果を教えてもらうことがよくあります。

大人編



大人のミュージカルオーディション用の写真では「演技力があり自信もって臨んでいる」感覚を引き出したい思います。これは男女共に共通の撮影テーマですが、被写体である皆さんはアドバイスに沿って様々な表情を見せてくれるだけで大丈夫です。後はカメラマンの僕がシャッターチャンスで最高の一枚を切り撮りカメラに収めます。そのことが自然で力のある一枚に繋がります。

また本番前のレッスン撮影は大人の方にも有効ですが、そこでは美しく、可愛く又はカッコ良く見せる表情の作り方を中心にアドバイスします。と言っても難しい事ではなく楽しく、誰にでも出来ることが好評の理由です。

掲載している男性の写真では笑顔でなくても感情をしっかりと表現できるテクニックを伝えながら撮影を行いました。結果的に目力と美しさのある仕上がりとなり満足頂いていると思います。

既にプロダクションに所属し俳優として活躍している方・これから俳優、ミュージカル俳優、舞台俳優を目指す学生の方々に利用いただいている当スタジオです。たとえばサイト内では日本工学院・東京ダンス&アクターズ専門学校・洗足学園・洗足学園音楽大学の皆さんを撮影したオーディション写真・宣材写真も数多く掲載させてもらっております。

当スタジオ3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)


※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
※関連記事 ミュージカルオーディション写真

著者:タツヤ

劇団四季、ライオンキング、ウエストサイドストーリーなどミュージカル系の服選び



劇団四季などミュージカル系であれば歌、演技と同様にオーディション写真や宣材写真が重要となります。そこで様々な角度から見て高評価を貰えるようにそのポイントを考えます。今回は服の選び方です。

まず応募する役柄のキャラクターを掴むことが重要です。それにより撮り方やイメージの出し方が変わるからです。女性的又は男性的な役柄かで、表現方法は変わります。

エントリーするジャンルで服装選びは変わりますが、ダンサーではレオタードが主流ですが歌手であればワンピースでの応募もありです。通常ワンピースの場合、ツーピースよりエレガントなイメージとなりますが、掲載写真の様な「ブルーのボーター+白い襟+ノースリーブ」などのデザインであれば爽やかなイメージ作りも可能です。

その他にアクティブなファッションでスタイルを強調したい場合の服選び、たとえばボトムスの選び方ですが、ショートパンツであれば「股上の短い事」が脚長表現のコツと言えます。股上が短ければ膝からモモまでの長さを強調することが出来るため脚長ファッションとなります。

トップスの場合も短かいコーディネートにすることにより、胴を短く見せることができます。トップスとボトムスをこのように着こなせば、スラット見えるためスタイルを強調する効果は高いと言えます。

レオタードの選び方などをご紹介
ミュージカル 俳優、歌手のオーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

専門学校、養成所のおすすめオーディション写真



撮影する角度や顔の向きでオーディション写真・宣材写真のイメージは変わりますが、どのように撮ると可愛く見せることが出来るかと言うと、まず顔をよーく見て、最も印象的なアングルを探すことから始まります。

それはやや横向きでもイイですし、真正面でも問題ありません。もし真正面で撮るならば、ライティングを工夫して、多少陰影を付けるのがポイントです。そうすると立体感が出て奥行きのある顔に表現することが出来ます。また真正面で撮ると「正直」、「誠実」、「真面目」などストレートなイメージを演出することも可能です。

注意点は真正面での撮影は顔の作りがそのまま出るので、その前に準備として顔の筋肉を十分柔らかくするように運動をするのがお勧めです。そうすることにより目や口元がキレイに動き美しい顔を表現しやすくなります。

この顔の準備運動はオリジナルの撮影前レッスンプランである、プチレッスン、フルレッスンの中でも行います。

最初は口元の筋肉が固く自然な笑顔を作ることは難しいのですが、何度か繰り返すことにより柔軟性が出てきて、スムースに微笑むことが出来るようになります。そうすれば気分的にも楽になり、更に素敵な表情になる相乗効果があります。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
声優オーディション写真・宣材写真詳細
俳優オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

俳優・女優は性格に合わせて撮るのが基本



当スタジオではオーディションの場合「写真審査通過・合格連絡」を頂くためのカードをお渡ししています。そして以前撮影をした山田さん(仮名)から連絡を頂き、見事に複数のプロダクションの審査が通過した事を知りました。

連絡を頂くと
  • どのような表情に撮ったのか
  • どんな髪型
  • どんなメイク
  • どんな性格だったのか
  • 何のオーディションだったのか
  • 何をお話をしたのか
  • どのカットをカメラマン推薦として選んだのか
などを確認します。

どんな切り口で撮影したかがポイント

たとえば「童顔で可愛い系のルックス」であっても、性格がハードであれば「笑顔」で撮るとは限りません。むしろ気の強いイメージに表現したり、ちょっと挑戦的なアングルで撮ることもあります。

私が考えるに「笑顔」は万能な表情で他人に好かれやすいとは思いますが、俳優(演技者)として他にもイメージ(表情)の選択肢はあります。その一つが挑戦的であっても好いのです。

ではそのようなオーディション写真や宣材写真は受けが悪いのか、と言う素朴な疑問があるかもしれません。答えは決して悪くないし、オーディションの突破率も低くはないのです。これは当スタジオの独自の統計でもしっかりと現れています。

大切なのはしっかりとイメージ作りをして撮影に臨むことです。そしてイメージ作りはしっかりとサポートしますので心配することはありません。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
俳優オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

俳優、声優、モデル、笑顔が可愛いオーディション写真のコツ



笑顔ならどんな笑顔でも「ステキ」と言えるかもしれませんが、それをオーディション写真や宣材写真とするならば、コツを掴むことにより、更に素敵な笑顔にすることが可能となります。

そこで掲載している写真の良さを2つ上げると

  • なんといっても「目がイキイキしている」ところです。これはカメラマンとのコラボレーションで生まれる本当の笑顔であり、スマホなどの自撮りでは困難な表現力と言えます。

    撮影においてカメラマンの仕事はモデルさんの素敵な表情を引き出し、その一瞬の輝きを写真として切り取ることです。そしてモデルさんの仕事はステップbyステップ(段々と)に、ご自身の様々な表情を作り出しカメラのファインダーに向かって投げかけることです。最初はどうすると良いか分からないと思いますが、カメラマンの適切なアドバイスでどなたでも出来るようになります。そして撮影後半ではアドバイスが無くても何となく出来るようになるでしょう。

  • 口角をきりっと上げて微笑むことにより爽やかさが増しますが、アイドルの様に沢山上げるのがイイ場合とそこまで上げて微笑まない方がイイ場合があります。これは顔のつくりやイメージの表現方法で変わるため、一概に何が良いとは言えません。でもその事をモデルさんご自身が気にする必要はありません。なぜならカメラマンがファインダー越しに、一番似合う笑顔を狙ってシャッターを切ることが出来るからです。モデルさんは楽しむことにより良い表情を作れる確率は高くなります。

ここで「笑顔を可愛く撮るオーディション写真・宣材写真のコツ」をまとめて見ると、カメラマンとのコラボレーション(撮影)を楽しむことにより、思った以上の仕上がりに巡り合うことが出来る訳です。
当スタジオでは初めての撮影でも、ベテランさんでも分け隔てなく、コミュニケーションを取ることのできるカメラマンのみが撮影にあたりますので心配はいりません。

著者:タツヤ

最近の劇団四季子役募集の傾向



当スタジオには元劇団四季のキャストさん、オーディション担当者さんなどが行っているスクールやワークショップに通うお子さんが沢山お見えにります。そのためオーディション写真、宣材写真の撮り方に対する様々なリクエストがあります。そして今回も他スタジオの撮り直しを含め、大勢のお子さんとお母様がお見えになっています。

そこで【当スタジオとしての独自の劇団四季 子役用のオーディション写真・宣材写真の撮り方対策】を総合的にまとめ、合格率の高い写真撮影対策を行っています。

子役撮影の場合、大人と同一に表現する要素と、子供ならではの表現をする必要がありそうです。それは上半身、全身の撮影方法共に言えますが「可愛く、美しく、カッコ良く」の当スタジオのコンセプトを踏襲することは忘れません。

子役撮影コンセプト

  • 可愛く撮る
  • スタイル良く撮る
  • 目の表現が重要
  • 全身のスタイルラインを工夫する必要あり
  • 口元を美しく(歯の矯正をしている場合も少なくないですが、いずれにしろ美しく表現する)
この他の更なる具体的な撮り方は撮影当日にアドバイスしています。

以上のよう撮影することで、既に事務所に所属してるお子さんから、まだ所属されていないお子さんまで、クオリティーの高い子役オーディション写真、宣材写真に仕上げることが可能です。


※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
子役オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

イメージは髪形、服装、雰囲気でかなり変わるため、以前とは異なった宣材写真・オーディション写真になります

女性の場合、髪形、メイクアップ、服装で以前とは全く違った「ルックス」を表現することが出来ます。そのため宣材写真やオーディション写真を撮影する場合でも、撮り方を変えると良いでしょう。それは笑顔一つとっても以前と同じに撮るのではなく、新しいイメージに合った写真へ撮り直すことを推奨します。

そして撮り直すたびに表情を作る技術がステップアップするため、プラス効果が沢山あります。たとえ倍率の高いオーディションであっても有利になり、チャンスを拡大できるでしょう。

またプロダクションの宣材写真であればイメージチェンジした場合は、撮り直さないとオーディションや仕事先で実際の見た目と全く違うことで「迷惑をかける」ことが有りますから特に気を付けなければいけません。

元々宣材写真・オーディション写真はシンプルにすることが要求され、メイクアップはナチュラル系になることが多いですから、それでイメージが変わることは少ないかもしれません。しかし髪を切った場合は全くの別人になる場合もありますから、しっかりと自己管理して対応すると良いでしょう。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
俳優オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

6月に募集の俳優/声優事務所や日ナレ7月生のオーディション写真/宣材写真



6月も残すところ約1週間となりました。今月は俳優・声優事務所の募集が目立っていました。プロダクション自体のキャスト募集とイベントのキャスト募集とそれぞれありましたが、沢山の方々がチャレンジしたのではないかと思います。

早いところでは続けて二次審査が行われており、当スタジオには再度「オーディション当日のヘアメイク」でお見えになり、お洒落をしてから審査に向かった方もいらっしゃいます。ぜひ頑張って貰いたいと応援しています。
また声優養成所の日ナレ7月生になる方の撮影も大詰めを迎えております。(もし間に合わなかくても、途中で差し替えが出来ると思いますので大丈夫だと思います。)そしてナレーションに強いと評判のシグマセブンは引き続き募集中です。

このように俳優、声優事務所・養成所にチャレンジする時、オーディション写真・宣材写真撮影を行いますが、初めて撮影をされた皆さんはどの様に感じましたか。撮影の前は不安と緊張で胸がいっぱいになったかもしれませんが、終わってしまえば楽しい経験と感じて貰えたのではないでしょうか。
今月の半数の方々は、ご紹介、又はリピーターさんでした。(また皆さんと楽しい時間を過ごせて嬉しいです)

ここで皆さんとお話ししたエピソードをご紹介します。

  • 「自分で思っているよりも細く撮れます」と書いてあったのですが本当でした。と感想を頂きました。
    (そう感じて貰えて嬉しいです)
  • このポーズ脚が細く見えますね。
    (各々に合ったポーズをアドバイスしています)
  • またプロの方に言うのも失礼かもしれませんが、良く撮れていると思います。との感想も頂きました。
    (全く失礼ではありません、カメラマンとして嬉しいです)
  • 更には、数回撮影経験のある方から、「当たり前かもしれませんが、スタジオにより出来栄えが違うんですね」と頂きました。
    (そうなんです、カメラマンレベルで仕上がりが変わります)
等々、楽しいコメントをいつもありがとうございます。今後とも皆さんの未来探しのお手伝いが(しっかり)出来るようにがんばります。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です

※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
声優オーディション写真・宣材写真詳細
俳優オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

爽やかより印象的にオーディション写真・宣材写真を作る

新人の俳優、女優にとって爽やかなことは良いことだと思いますが、オーディション写真や宣材写真を撮影する上ではベストでないこともあると思います。

個人の印象を決めるのは性格、話し方、容姿や俳優としてのキャラクター作りの方向性などが関係すると思いますが、カメラマンから見れば他にもイメージを決める重要なポイントがあります。それが『顔の特徴』です。

たとえば笑顔は万能に素敵だと思いますが、もし笑顔ではないあなたにしか表現できない「顔」があれば、それは個性が強いに違いありません。他人には(あまり)真似のできないような表情を手に入れることができれば、それがベスト(に近いハズ)です。

掲載写真のSさんはそんなイメージで撮影に臨んでいます。実はこの表情を切り取るまでに様々なアングル、角度、ライティング等のテクニック的なサポートと最も印象的な顔を引き出すための撮影前レッスンを行いました。

またモデルさんにどんな俳優になりたいかなど伺うこともありますし、カメラマンとして様々な提案を行うようにしています。そして最終的に作り上げた一枚の写真が叙述にそれを物語っています。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
俳優オーディション写真詳細

著者:タツヤ

俳優のオーディション写真・宣材写真は笑顔でなくても大丈夫



自分自身笑顔が似合わない、イメージではないと感じることもあると思いますが、そんな場合「オーディション写真・宣材写真」を無理して笑顔で撮影する必要はありません。元々どんな表情にするかの決まりはないので自由ですし。ただその自由を得て、皆を納得させるには「笑顔に負けない顔を表現する」ことが大切だと思います。

基本的に「笑顔」は万能で誰が見ても好印象を受けます(イイ感じ笑顔が表現できていればの話しです)ので、それを上回る『顔』を作らなければ納得させることはできません。

それでは笑顔に勝る表情とは何か?となりますが、幾つか思いつきます。たとえは魅力的な俳優顔、又は美しさを強調した美人顔では如何でしょうか。
特に女優さんの場合、目と口の表現力で「笑顔を上回る印象的な顔」はたびたびあります。これは目を開ける早さと、タイミング、そして大きさを意識すると出来るようになります。そのレッスンも出来るようにしています。

もう一つは顔のパーツが最も美しく見えるアングルを探り、撮影する方法です。こちらはカメラマンによる洞察力が問われるのですが、撮れば撮るほどに精度は上がっていると思います。

そしてあなたが「どちらのバージョンで笑顔を超えたいか」宜しければ撮影当日にでもご相談ください。十分にチャレンジする価値はあると思います。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です

※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
俳優オーディション写真詳細