アー写も得意なスタジオ|オーディション写真|宣材写真スタジオ

著者:フォトグラファー タツヤ

アー写も得意なスタジオ・・イメージ作りを解説しています

女優、声優、グラビア、タレントさんや「たまご」の方々に毎日沢山のおいで頂いていますが、実はアー写撮影も得意なスタジオなんです。
アー写とは音楽関係のプロフィール写真やオーディション写真・宣材写真の事を言います。

今回撮影したMさんは音楽家を志す女性です。

ます初めに撮影イメージを決めたいとのことから 、好きなアーチストやデモテープに取る曲をお聞きしました。海外アーチストの曲などをお聞きになることが分かりましたが、写真のイメージをつくるためにはヒントが少なかったので、今回はファッションとルックスを重視して撮ることにしました。
その理由としてルックスや服装に個性と方向性を感じたからです。Mさんはアイドル的な要素もあると思い、アー写でも笑顔を取り入れて撮影すればオーディション突破の可能性は広がると思います。

アー写では特にリズムよく動きながら撮ると「イキイキ」写るので、軽く動きのレッスンを行い撮り方やタイミングを伝えます。また今回は「風あて」で撮影しました。

御覧のように仕上がりはペールカラーに包まれた爽やかなイメージとなっています。アーチスト的な感じとアイドル的な笑顔も撮りました。掲載した写真はその二つのイメージですが今回は左側をカメラマンの推薦としました。
以上のように良い作品に仕上げるにはスタッフとのコラボ(共同作業)が大切で、カメラマンは教えるという立場ではなく共に「創りだす」という立ち位置が大切だと思います。

この仕上がりをみてMさんは更にやる気になったと言ってくれたことが良かったです。
みなさんもモチベーションの上がる写真を持ち未来のための一ページを飾ってください。