声優 子役 オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

声優、子役のオーディション写真|最近の撮影より

声優ではプロダクション養成所の所属と進級のためのオーディションがあるため、それに合わせたオーディション写真の撮影を行っています。

人気は俳協ボイス・プロフィット・ヒューマンアカデミーなどです。

オーディション写真のポイント

オーディション用紙と写真サイズについて紹介します。

プロフィット入所用の写真サイズは加工が必要なため指定に合わせます。
しかし指定サイズにするだけではなく決められた範囲の中で最大限印象的に目立つようにしています。

俳協ボイスは通常のLサイズで大丈夫です。

しかしどんな写真を貼るかの指定は少なく(たとえばバストアップとか全身にするとか)、本人の意思に任されています。

そんな時は迷わず上半身の写真を貼ると良いでしょう。

但し、スタイルに自信がる方は全身写真を貼り差別化することも考えられます。

お迷いの場合は撮影後、より印象的にアピールできる写真をお選びし致します。

子供、子役の撮影ポイント

オーディション用の撮影は記念写真のように機嫌を取りながらではありません。

それは子供でも一人のタレントとして扱うからです。

決して簡単ではないポーズや笑顔を頑張ってチャレンジするところにプロとしての第一歩があります。

そんな厳しくも見える撮影の中でもリピーターが増えています。

その要因を考えると、オーディションの合格率もありますが、なによりお子さんが楽しく撮影していることに尽きると思います。

その証拠に、撮影が終わっても直ぐには帰りたがらないお子さんが多く「もう少しスタジオに居たい」なども珍しくはありません。


※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
声優オーディション写真詳細
子役オーディション写真詳細

関連ページ