劇団四季ライオンキング ヤングシンバ・ヤングナラ

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季ミュージカルライオンキング・ヤングナラ向け対策

ジャズダンスやクラシックバレエのレッスンを重ねているとオーディション写真の撮影でもポージングが上手に出来ます。

まず立ち姿を美しく表現することは必須ですが、足首からつま先にかけて「かま」のように曲がって撮影することはNGです。これは「ふくらはぎのカーブを美しく見せる立ち方にする」と言うことも出来ます。

バレーシューズ、パンプスなど靴の形とは関係なく統一された美しさの表現となります。立ち方の注意点はここでは省きますが、実際の撮影ではしっかりとアドバイスしています。

特に最近の人気オーディションの一つ、劇団四季のライオンキング・ヤングナラ役の宣材・オーディション撮影では、小学生対象という事もあって分かりやすく行う必要があります。

お子さんがバレーやジャズダンス等を習っている場合は慣れている分、スムーズに撮影を行うことが出来るでしょう。これが初めてのオーディションである場合、又は撮影に慣れていない場合はレッスン付きプランをご指定下さい。これはポーズのアドバイスはもちろんですが、カメラマン自らが、脚のポーズをお見せしたり、重心の位置を披露することも出来ます。

そのことにより「初めての撮影」だとしても不安なく臨むことが可能です。

中学生以下のオーディション写真

関連ページ