フォトセッション・照明・バリエーション|オーディション写真・宣材写真コラム

フォトセッション|オーディション写真・宣材写真スタジオのコラム

カメラマン、モデル、ヘアメイクなどが集まってクリエーションして作品を創り上げることをフォトセッションと言います。

オーディション写真、宣材写真撮影でも同じことが言えます。たとえばオーディション応募という目標があれば、それを突破できるように スタッフとモデル(お客さま)がコラボレーションします。

どの様にしたらでオーディション審査をクリアできるかというイメージを作り上げ、それに元ずいて撮影していきます。これは当スタジオが創設以来続けているスタイルで強いオーディション写真・宣材写真に繋がります。

ライティングは常に変えます
俳優や声優さんに限らず、芸能界関係で活動するには個性的である必要があります。オーディションにより優秀な人材が発掘されるわけです。オーディション写真・宣材写真も皆さんが一次審査を通過するためには個性的である必要があり長所を引き出すことが重要と考えています。

写真は光りで変わります。そこで、手間と時間は掛かりますが個別にライティングを変えています。それは同一ライティングで撮影してしまえば、同じ様な仕上がりに見えてしまうからです。

撮影バリエーションを増やそう
自己表現の枠を決めないことも大切です。 撮影のたびに新たな可能性を探ってみては如何でしょう。具体的にはポーズを増やす、表情を変化させる、服やメイクでイメージを変えるなどです。オーディション写真・宣材写真は絶えず新しい可能性を持って撮影しましょう。今まで知らなかった更なる上を発見できるかもしれません。

自然な表情の撮り方・・ロケ
一つの方法としてロケーション撮影が考えられます。外での撮影は開放的で時として思った以上の仕上がりとなります。最初はあまり深く考えずに沢山撮りましょう。オーディション写真や宣材写真ぽくなってもかまいません。まずは沢山撮影して精神的な距離を近くすることがポイントです。見ている人が多ければちょっと人の少ないところに場所を変えてみましょう。移動する時もお互いに声を掛けコミュニケーションを取りましょう。「綺麗に撮れているね」とか「良い感じに撮れそうですね」などの会話でOKです。

コメントを残す