ポーズ・服で小顔に見せる|オーディション写真・宣材写真コラム

ポーズ・服で小顔に見せるオーディション写真・宣材写真の撮り方

ポーズや服で小顔に見せましょう。宣材写真、オーディション写真の場合、上半身と全身撮影ではポーズの取り方は違います。

オーディションは写真2枚をセットで応募することになりますがここでは全身写真についてお話します。全身写真は顔の表情をしっかり見せると言うよりは「全体バランス」を整えるように撮影します。そのことから考えると顔は真正面を向いているより少し斜めにしたり、顎を少し上げると見えている「顔の表面積」が少なくなりその分小顔となります。顎を上げていると、生意気な感じになると思われる場合は「少し斜めするポーズ」が良いでしょう。

服のコーディネートで小顔に見せる方法
写真の場合、顔の大きさは体の大きさや体格との比較となります。そのため体を大きく見せることで顔は小さく見えます
顔を小さく見せる方法の一つは上半身の服装を大きくして比較対照的に顔を小さく見せることです。たとえタイトな服装がはやっていても「宣材写真、オーディション写真」は流行に捕らわれすぎない方が賢明です。肩幅を感しさせるコーディネートにします。但しタンクトップの様にするのではなく服で肩幅を作るイメージにするのがポイントです。

オーディション写真のバストアップの撮り方

オーディション写真・宣材写真で最も大切なのはバストアップ撮影です。これを成功させることで印象的な自己表現が可能となります。ポイントは「容姿・表情・表現力」です。

容姿とは見た目であると言えますが「顔の表情&表現力」をプラスして始めて印象的になります。逆にいえば美しいだけでは魅力的とは言えませんし、見た目に自信がなくても「魅力的」にすることは可能です。

カメラマンとして観察力と経験をふまえれば、いか様にも魅力的に撮影することは可能と思っています。基本的にはカメラと「眼」の高さを合わせます。そして肩幅と比較して顔が大きく見えない位置であることが重要です。そしてコラボレーションの中、アドバイスを受けることで美しさ、可愛らしさを認識できたときにアドレナリンが抽出されて素晴らしい写真に仕上がります。