ダンサー・ミュージカルのオーディション写真・宣材写真

ダンサー ミュージカル オーディション写真・宣材写真のポイント

【撮影について】
  • コンセプト:身体の切れ味だけではなく、顔の表情も大切と考えています。
  • イメージ:ダイナミック感や躍動感に重点を置いて撮影してます。
  • 背景:ダンススタジオでお馴染のホワイト、グレー又はブラックをお勧め致します。
  • 当スタジオのポイント:様々なカテゴリーのダンサーさんを撮影しているため幅広い表現が可能です。
  • 審査通過・合格者多数、満足度が高い理由:通常のダンスポーズを見せて頂き、更に撮影用に適した形にすることによりクオリティーを上げるのがポイントです。また本番撮影前のレッスン付きプランは「写真が苦手、写りが良くない、初めての撮影」でも印象的にアピールできる様になります。

ダンサー・パフォーマー




劇団四季 オーディション写真 ダンサー




ミュージカル 宣材写真写真




ミュージカル オーディション写真




ダンサー宣材写真




ユニバーサルスタジオジャパンの宣材写真
for Singer

劇団四季 歌手オーディション写真 for Singer

海外オーディション ニューヨーク

※ニューヨークオーディション



ミュージカルのポスターをtatオーディション写真・宣材写真が撮影

ミュージカルのポスター撮影
今回撮影するキャストは元アイドルタレントさんとNHKで活躍された俳優さんそして今回主役の高校生です。
【ミュージカルのキャストにとって大切なこと】
撮影の合間に、ちょっと時間があったので、オーディションを行う際の「合格の決めて」を伺ってみました。
主な基準は3つです。

  1. ダンスのできること
  2. 協調性のあること
  3. 演技が出来ること

ミュージカルは動きが大切なのでダンスが出来るとポイントは高くなります。
具体的にはクラシックバレーをベースにいくつかのダンス、たとえば、ジャズダンスやヒップホップなど出来ると良いようです。
また長い時間生活を共にするので、お互い良い関係をつくるために協調性が必要になります。気持ちよく仕事をするには大事ですね。
キャストの募集はオーディション雑誌に募集の告知をするそうです。
(世界名作劇場 by ハウス食品)

写りが悪い、目力が欲しい、なれていない、太って見えるに効果があります




取材情報 オーディション専門誌auditionにオーディション写真の撮り方で3カ月連続掲載




通過・合格・ユーザーズボイス

※当スタジオは皆さんの活動を応援します