モデルのオーディション写真/宣材写真撮影(ジャズモデルエージェンシー)

著者:タツヤ

モデルさんのオーディション写真/宣材写真はコンポジット

先日、ジャズモデルエージェンシー所属のモデルさんの撮影を行いました。前回撮影した作品の評判が良く、仕事に取得率、オーディション通過率が上がったとのことでした。そのため新規の作品を増やして行きたいとのご要望です。そして前回はダブルコンセプトプラン的に撮影しましたが、今回はブックとして行いました。

ここで言葉の説明ですが、芸能界ではプロフィール写真のことを宣材写真とかオーディション写真と呼びますが、モデル業界では、宣材写真ということは少なくて、コンポジットとかブックなどと呼びます。

同じプロフィール写真でも呼び方が変わります。その理由を考えると、俳優、声優さんなどの職業の場合は上半身、全身で各一枚のプロフィール写真を持っていれば良いのですが、モデルさんの場合は、一組ではなく、5~20パタン程度持っています(個人差があります)。

その理由は、様々なイメージを表現できることを証明するためです。たとえば、すっぴんに近いヘアメイクではピュアで清潔感のあるイメージを作り出し、ビューティー系の仕事取得に役立てます。

こってりとしたヘアメイクではごーじゃすなイメージを装い、化粧品などの仕事取得に役立てます。またカジュアルに作ったり、シンプルに作ったりと(モデルとしての)素材の美しさを表現することも大切です。この様に様々なイメージを表現できることをアピールしCMなどのオーディションにチャレンジします。


※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
モデルオーディション写真・宣材写真の詳細

著者について

タツヤ administrator