カテゴリーアーカイブ 読者モデル募集

著者:タツヤ

7月6日オープン 新スタジオでさらにパワーアップ

オーディション写真や宣材写真の背景は白いペーパーバックが人気ですが、新スタジオでは白壁、白煉瓦(レンガ)、白いドア、白い窓、白い階段+アイアンの手摺などを背景に撮影することも可能となりました。今回ペーパー背景だけではなく、豊富なバリエーションを準備しましたが、引き続き新鮮さを演出できる「白い色」にこだわって作り上げたハウススタジオであることがポイントです。

ハウススタジオとは


新スタジオは「ハウススタジオ」としてデザインしましたが、このハウススタジオは名前の通り「家のようなスタジオ」の意味です。一般的に写真撮影に使用されるハウススタジオは洋風に仕上げられており、どこを背景にして撮ってもお洒落に見えるようにデザインされています。

当スタジオも例外ではありませんが、イメージ的には「フレンチアンティーク風」としていて、更にビンテージ感やエイジングを施しています。新しいのにアンティーク感をプラスしているのが特徴と言えます。

こんな場合はペーパーバック(背景)で撮影しなくても大丈夫

オーディション写真は背景を指定されることはないので何を背景にして撮影しても問題ありません。重要なのは被写体であるあなたを良い感じに魅せることですが、これらの背景で撮影する場合の狙いをお話しします。

フォトスタジオに行って撮った感を小さくすることが可能

綺麗に撮りたいけど、さりげなく見せたい。そんな場合に適しています。

カフェにお茶をしに行ったときに撮影した、旅行に行ったついでに撮影した、また友人や知り合いの家でたまたま撮った、など偶然に撮ったイメージを作ることができます。

たとえば雑誌や広告では、ハウススタジで撮影することもありますが、実際にカフェを借りたり、ホテルのロビーや廊下、部屋などを借り、イメージ作りをします。このようなロケーション撮影は生活の中に溶け込ませて自然に見せるのがポイントとなります。

ハウススタジオで撮影する利点・まとめ

美しく、可愛く、個性的に、でもさりげなく、そんなシチュエーションに適しています。
現在新スタジオオープン記念として、無料で対応いたしますのでご希望の場合はご相談でください。

最近人気の撮影

声優系ではシグマセブン、日ナレなどの撮影が盛んです。特にシグマセブンは締め切りが近づいているので、応募の方はお早めにご予約ください。
俳優系ではキャラメルボックス、キャストオーディション。14日 締め切り。
舞台 マザーテレサ。

その他、ミスコン、各種夏のオーディションも人気です。

著者:タツヤ

最初に必要なシンプルなモデル宣材写真・オーディション写真



モデルとして一点は欲しいのがシンプルなシチュエーションで撮るオーディション写真・宣材写真です。白い服、白い背景、メイクもうっすら施すだけで、出来るだけでチュラルにします。そうすることでモデルとしての素質が表現出来ます。

掲載の写真はそんなイメージにピッタリですが、ナチュラルながらフルメイクしています。フルメイクが必要な理由は撮影の状況により薄すぎるメイクアップでは肌の質感は出るものの、スポットを始め肌トラブルが露出してしまう可能性があります。

ここでの目的は「シンプルだからこそ最も美しくなければいけない」ということです。

そんな場合の撮影術は顔かたち、個々のパーツを美しく表現するにかぎリます。一方モデルは出来るだけ余分な力を抜き『自然体でかつ美しく』いられる様にします。でもそれはただ力を抜いてカメラの前に立つのとは違います。言い方を変えれば、自然でいることを演技することになります。

それにはポーズと目や口の使い方が大切となります。ポーズはシンプルな中にもスタイルの良さをアピールする工夫が必要ですし、目や唇は形を壊さす美しく表現します。この力を抜きながら美しさを表現するテクニックも短時間のレッスンにより可能となりますのでチャレンジしてください。

著者:タツヤ

先日撮影した方Sさんが無事オーディション写真・宣材写真効果で一次審査を通過

※写真は自然光で撮影したイメージです

読者モデルは一般の人たちも応募できる上に、それをきっかけにメジャーになることもあり「OL、会社員・・」など様々な方に人気です。今回は当スタジオで撮影し「一次審査を通過」された方の撮り方を振り返り「どうすれば強い写真になるか」の解説です。

こなれた感じが必要
読者モデルの撮影で大切にしているのは「ナチュラル感」です。いつものように生き生きとしたあなたを表現すれば良いのですが、それをオーディション写真で表現するのは難しいかもしれません。

ナチュラル感を表現できる撮影レッスン
そこで当スタジオではモデル写真、フルレッスン、プチレッスンなどの「撮影練習プラン」を用意しています。これはカメラマンのアドバイスでどうすればナチュラルで魅力のある表情ができるかを練習するものです。具体的には体を動かしながら、リズムを掴み魅力ある表情が出来るようにします。

この練習を繰り返していくと、緊張している中でもステップごとにレッスンを行うため、上手く出来るようになるのです。そうして撮影したオーディション写真の中から適切な写真をお選びしています。そのためオーディション写真審査通過する確立が高くなります。

掲載の写真は先日通過された方の撮影をしたカメラマンが推薦するカットで「こんな感じに撮りたい」というサンプルです。Mさんはレッスンしながら徐々に本領を発揮。非常に魅力ある仕上がりとなりました。

※最近のオーディション写真又は宣材写真
美ST
スターダスト
研音
国民的美少女コンテスト
スクールデュオ
日ナレ

著者:タツヤ

読者モデルは都会的にするのがポイント


読者モデル募集には様々なパターンがあります。
最もメジャーなのは雑誌社が直接募集している場合です。募集用要項を見るとプロフィールと写真全身×上半身の2枚を郵送が多いようです。

それとは異なりキャスティング事務所が雑誌社に代わり募集している場合もあります。募集要項はプロフィールと写真上半身又は全身の2枚です。こちらは簡単にメールフォームより送る場合が多いようです。

様々な応募のパターンがありますがモデルとして採用されるには真面目であること+良いオーディション写真で応募することです。

雑誌を見ると分かりますが登場するモデルさんの表情は「笑顔」が多いのが分かります。そのため読者モデルとして大切なのは爽やかな笑顔です。そこで当スタジオは笑顔を中心に撮影を行います。といっても撮影になれていない場合は難しく感じるかもしれません。そこで笑顔&ポーズが苦手な方のために撮影前に練習付きの「モデル写真プラン」をご用意しています。

これならカメラマンのアドバイスでいつもより綺麗に笑顔を作ることができるようになります。

合格の秘訣は自然体であることです

綺麗な笑顔とはチャームポイントを強調して、コンプレックスの箇所を隠してしまうことです。たとえば「眼は好きだけと歯並びは嫌い」な場合でも眼を強調して撮影し、さらに口元も綺麗に表現してしまうことも可能です。

読モに応募する場合「採用のポイント」が分かっていれば合格率は上がりますが、楽しみながら真剣にトライすることが肝心です。

※前日、当日のキャンセルはご遠慮ください(キャンセル料5,000円)
※関連記事