アニソンシンガー オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

アニソンシンガー募集用写真のコツ

アー写ともいう歌手のオーディション写真・宣材写真ですが、他の業界の宣材写真に比較すると笑顔が少ない気がします。

きっとアーティスト(歌手)の「人柄に影響を受けているため」とも言えますが、何よりリリースする曲のイメージに影響されるからだと思います。

事実私が撮影した(CDジャケットを含め)沢山のアー写では笑って撮影したことのほうが少ないと思います。(笑って撮影するのが苦手な人が多いことのもあると思いますが・・)

そこでアー写でもOKな笑わない表情のコツですが「無表情」にするのとは少し違います。

既にオーディションに提出する楽曲が決まったいる場合、その曲のバックグラウンドを想像させるようなイメージにすると好いでしょう。

たとえばメローな曲であれば優しい顔、他には戦闘モノであれば元気な顔、目のインパクトが強い系、も良いでしょう。

このように無表情にするのではなく一定のイメージを持ちこんで撮影に臨むと良い顔になる確率が高くなります。

でもそんなに簡単ではないと思われる方も少なくないと思います。

そこで当スタジオでは良い表情を作れるように撮影前レッスンを行うことが可能です。

このプチレッスン、フルレッスンは「どうしたら印象的になるか」等が分からなくてもカメラマンのアドバイスに従ってステップを踏めば、予想以上の仕上がりにすることが可能です。

更に2つのイメージを作りたい場合はダブルコンセプトプランをお勧めします。

※オーディション情報
T-TOCレコードでは(特に)アニソンシンガーを募集です(一般シンガーも募集しています)。6月30日〆切です。年齢制限なし、但しレコード会社に所属している方は応募できません。

歌手オーディション写真詳細

関連ページ