カテゴリーアーカイブ モバイル除外カテゴリー

著者:タツヤ

アニメが好きなら誰でも応募可能なオーディション



アニメが好きなら応募してください、年齢、性別、個人、グループ、国籍、問いません。という今回で4回目となるオーディション、アニストテレス。過去の大会においても現在活躍中の所属声優さんが生まれている、ソニーミュジックアーティスツSMAのオーディションです。

応募資格はほとんど無いも同然ですのでチャレンジしない手はありません。おそらく音楽系プロダクションということで「自由に面白い人材を発掘したい」との思いからこのような応募資格となっているのだと思います。やはり音楽業界の人たちは発想の柔軟性を求められるためだと考えています。

当スタジオではこのオーディションに向けた、オーディション写真・宣材写真の撮影が人気です。学生さんから既に就職をされてる方まで幅広くお見えです。

この発想の自由さを考えながらオーディション写真・宣材写真の撮影に臨んでいますが、声優系のオーディションですので爽やか、可愛い、などのポイントは押さえながらも個性的で印象深い仕上がりが良いと考えています。

もちろん各々の個性が大切ですから、一律に同じように撮影することはありません。顔立ち、服の雰囲気、髪形、話し方などを勘案して、合格に向けた撮影を行っています。

他の声優系オーディションと共に候補に入れて見ては如何でしょうか。

アニストテレスオーディション・外部サイトにジャンプします

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です

※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
声優オーディション写真・宣材写真詳細

著者:タツヤ

声優DVDの撮影|オーディション写真・宣材写真スタジオコラム

先日の撮影エピソード。声優さんの録音現場に行って、DVD関連の撮影を行いました。モデルは声優のぱくろみさんです。短い打ち合わせを行い、その後3パターン撮影しましたが気さくで良い感じの方でした。またどこかでご一緒したいですね。

本日は釘宮さんの撮影です。やさしい感じのかわいい方です。赤いソファに移って貰って撮影開始。数ポーズ撮影後、立ち上がって頂き、次のポーズ撮影です。トータル3パターン程度撮影しましたが、出来上がりが楽しみです。

声優さんのお仕事

現在の声優さんはの仕事は「声」だけではありません。吹き替えもさることながら、舞台をされている方がかなりいらっしゃいます。これは現役の声優さんに伺った話しですが仕事の形もボーダレスになっているようです。声優プロダクションもやはりボーダレスで「顔出し」の仕事を積極的に取りに行っているようです。色々とチャレンジする精神が大切です。

81プロデュースの特待生オーディション

声優プロダクション81プロデュースの特待生オーディション写真毎年8月1日になると開催される所属オーディションです。今年も例年通りに行われますが特典として81アクターズスクールでのレッスン、ジュニア所属、デビューバックアップと様々です。当フォトスタジオでは81アクターズスクールの生徒さん、またジュニア所属キャストさんの宣材写真も撮影しています。撮影のポイントは長所を引き出し爽やかに、可愛く、美しく、カッコよく表現することです。

著者:タツヤ

売り出す方法|オーディション写真・宣材写真スタジオ|コラム

オーディションに合格すれば順調に物事が運ぶことはありますが、いつもそのようにはいきません。上手くいかなかった場合は原因を考えて、苦手を克服したり、練習をつんで、次のチャンスを待ちましょう。人には早くから成功するタイプと遅くに成功する大器晩成型があります。大物とは「じっくりと修行を積む」意味ですが、自分がどちらのタイプの人物か分かれば行動を起こす手助けになります。もし小さいころから周囲の手助けで上手くいっている方は、大きなアクションを起こさなくてもチャンスが巡ってくる事があるかもしれません。反対に自分でチャンスを切り開いてきたなら、積極的に行動することが出来ます。それはあなたの才能であり未来を切り開く力となります。

個性をだすとはどういうこと

専門学校や養成所で個性があるとか、ないとか言われます。でも個性とはいったい何でしょうか。個性とは個人が持っている性質です。だから個性のない人なんていないんです。だったらなんで「非個性」と言われることがあるのでしょうか。
  1. 誰かのまねをしている
  2. 全てを人のアドバイス通りにやっている
  3. 主張するのが苦手
如何ですか、当てはなることがありますか。もし当てはまったら、いったん全て壊してみては如何でしょう。

オーディションで何をすれば良い

オーディションで自己PRをする場合何をすればいいか悩みます。でもよく考えると「やるべきこと」は分かる場合があります。それは「ニーズ」です。何を求められているか考えれば自ずと答えが出てきます。たとえば演技の上手さが求められているのか、それとも新鮮さが求められているのか、などです。またそのキャラクターを演出する場合、自身に合っているか考えることが大切だと思います。

マルチな才能

現在では「マルチタレントへの道」にも多様性があります。その一つは「特技を持つ」です。しかしそれは従来の「唄が上手い」「演技が上手い」という事ばかりではありません。もっと一般的な事が良いのです。たとえば、アイドルなのに「料理が上手い」とかです。一つ例を挙げると、最近ではプロの料理人の出版物より、素人の料理本の方が売れています。アイドルなのに料理が得意などはの意外性が良いのかもしれません。しかしちゃんと売るための下地を作っています。それがblogであり、twitterであったりします。地道な努力でしっかりとベースを固めるこいざと言うときに役立ちます。

事務所を変える選択

せっかく入った事務所ですがレッスンの充実度、巡ってくるオーディションの数や質などで「最適な事務所であるか」分かる場合があります。あなたのキャラクターが生きていれば チャンスは巡ってくるはずです。その反面、オーディションがない、方向性が違うなど、根本的にチャンスが少ない場合は 他に活躍できるプロダクションがあるかもしれません。しかし移籍の決断は自己責任ですのでしっかりと見極めてください。

事務所移籍でチェックすること

大小さまざまなプロダクションがありますが移籍の時に確認したいことの一つにCMのオーディションに応募できたり、オーディション写真を郵送するなどサポートしてくれるかどうかがあります。 劇団でもスケジュールがハードだとあまり外部のオーディションを受けさせて貰えないこともあります。コマーシャル出演は大きなはチャンスですがらチャレンジしたいですね。

著者:タツヤ

口元、歯並びを美しく・オーディション写真・宣材写真の撮り方

目のインパクトや美しさの表現が出来たら、口元、歯並びを美しく表現することを覚えると良いでしょう。なぜなら「目と口」が印象を決める重要なパーツと言えるからです。

とかく目に対しての意見やアドバイスが多いですが、実は口元を上手に表現できなければ、強いオーディション写真・宣材写真にはなりません。そこで口と歯並びを美しく、イイ感じに表現するためのコツをご紹介します。

唇と歯は表裏一体と言えます。口を動かすと歯が見える、そしてそれが笑顔につながります。口を大きく横に開き口角を上げると爽やか笑顔になりますが、横に広げる大きさが、イメージを決定させます。たとえばアイドルの様なかなり大きく口を横に開き笑顔を作ることは、色気よりも爽やかさを優先させています。大きな笑顔は唇の立体感を抑え、元気なイメージを作り上げるからです。そして口元から大きく見える「歯」がフレッシュ感を強調させます。

一方アイドルとは対照的な表現方法で口元を美しく表現する方法があります。それが「微笑みの顔」です。それは「唇の立体感を失わないように女子力を表現すること」と言えるかもしれません。これは上下の唇が(強く閉じることにより)つぶれない様に軽く閉じる仕草です。歯が見えない状態、歯が少し見える程度など、口のフォームを変えて表現します。更にこの利点は歯並びを美しく表現する効果があることです。これはアイドル系笑顔と違って、歯が横方向に沢山見えることはないため、口元からこぼれる歯並びをコントロールすることが出来ます。また多少歯が見えることにより、口を閉じた顔より明るいイメージにすることも可能です。

この口元表現は微妙なテクニックが必要ですので、プチレッスン、フルレッスンを行い、イメージを掴む練習をすることをお勧めします。

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です

※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ

著者:タツヤ

声優プロダクション特待生


毎年5月頃に行われる声優プロダクションの特待生オーディション写真を今年もお撮りしています。

この特待生オーディションの特典は満載でオーディション写真を撮るきっかけになっています。
特典内容は知る限りではたいていの場合、

  1. 授業料の免除や割引
  2. 養成所からのプロダクションへの推薦
  3. 養成所に通ううちにプロデビューが可能

などですが、寮などの優先的提供などある場合もあり、納得の特待生制度と言える場合も多いと思います。

声だけではなく顔出しの人材を募集している

これはオーディション写真を撮りながら、お客さまとよく話しますが、声優プロダクションでは顔の出演、いわゆる「顔出し」と言われる声だけの出演にとどまらずイベント、舞台、テレビなどに出演する機会を考えている(狙っている)と思います。
声優プロダクションは新参入事務所も多く、ここ2~3年で開設された養成所やスクールも少なからずあります。そのため競争にさらされている事情もあると思います。

当フォトスタジオではプロダクションに入ったら「顔出し」を希望される方も多いのでそれを意識して撮影しています。
みなさんそれぞれ特徴があり、男性なら王子様キャラや戦闘キャラ、女性なら、萌え系だったり、AKB風だったり、個性に合わせて可愛く撮ったり、クールに撮ったりします。

全身撮影のポーズもかなり考えますが、色々試してから一番イメージに合うポーズを選択します。

その他撮影以外のことでも、お話ししたり、アドバイスを行なっています。
具体的にはタレントとしての

  1. キャラクター創り
  2. 似合う服装
  3. オーディションを受ける時の心構え
などです。

でも、過剰に真剣なると疲れるので、何気なく、楽しく業界のお話や声優さんを撮影した時のエピソードなど話しています。




著者:タツヤ

劇団四季・東宝系・ディズニーランド オーディション写真の撮り方

こちらではミュージカル、ダンサーのオーディション、主にレオタードでのオーディション写真について説明しているので参考にしてください。
劇団四季東宝系ディズニーランドのオーディションなどが有名です。

デザインなど、レオタードの選び方

ミュージカル系オーディションに応募する場合、写真撮影の時に着るレオタードはネックライン(首元)が開いているものが良いですね。それはライティングが胸元にあたり光が顔に照り返します。そのため表情や肌ががキレイに見えます。
ハイネックのレオタードもありますが、それは首が長い方が似合います。一般的にはサンプル写真のようなレオタードが良いと思います。

タイツの色と撮影用のシューズ

タイツは主に暖色系と寒色系に分けられますが、黒やダークカラーは脚が細く、引き締まって見えます。白やブライトカラーは膨張色なのでポッチャリと見えます。明るいタイツが悪いわけではなくイメージに合っていれば「レオタード」にマッチして相乗効果があるでしょう。
写真撮影の時は、バレーシューズ、タップシューズでの撮影が多いですが、指定がなければ、多少かかとのあるものが良いと思います。

表情のつくり方

大きなリアクションを持った表情が良いでしょう。舞台映えする客席からも分かるしっかりとした笑顔が魅力的です。

撮影プラン

プチレッスンをお勧めします。撮影前練習することにより一段とテンションを上げ、ノリノリで本番撮影に臨むと、そのままの勢いで撮影でき躍動感が出ます。

  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる

著者:タツヤ

オーディション写真・宣材写真のポーズ見本はモデルが見本

プチレッスンプランならポーズを覚えられるから大丈夫



モデルさんのオーディション写真を撮影する場合、ご本人の変化に対する順応性や可能性をだせればと思います。たとえば雑誌の撮影などでは服に合わせたイメージを演じる事が多いため、想像力や演技力も必要です。
その意味で、ある程度の撮影枚数がほしいのがモデル撮影です。
chiiさんは撮影前練習のあるプチレッスンプランを選択。
表現力が豊かで、e顔の表情、しぐさなどを引き出せたら100点。
リズムを大切にしながら、楽しんで貰えれば自然に良い作品なります。
撮影を楽しめることがモデルさんには特に大切です。

モデル以外のオーディション写真のポーズ

一方、女優、声優などタレント系のオーディション写真のポーズはこれとは異なります。
バストアップの撮影では、女性では身体の状態を少し前に傾ける感じが綺麗に見えます。

例えばグラビア撮影を例に上げると分かりやすのですが、上半身のポーズでは状態をかなり前に傾けますが、あれは女性の魅力を最大限に見せることが出来るからです。
全身撮影のポーズにおいても身体の重心を後ろにそらさずに撮ると可愛く撮れます。



  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる