プロのヘアメイクがキレイな理由

著者:タツヤ

プロのヘアメイク・キレイの理由

撮影用のヘアメイクは生活の中で行うヘアメイクとは異なります。それでは「何が違うか」をご紹介致します。

  1. 照明を計算する必要がある

    撮影では強い光を当てることで美しさをドラマティックに引き出すことが出来ます。その光の強さは撮影ごとに変わるので、適宜メイクの濃淡を変える必要があります。
    強い光の時はこってりと、弱い光の時はさらりと、変化させる必要があります。いわば照明とヘアメイクは一心同体ということが出来ます。

    もし個人でいつもの通りのメイクをした場合、スッピンの様になったり、厚化粧になったりと、バランスすを取る事は困難です。

  2. ナチュラルに見せる必要性

    オーディション写真、宣材写真、共にナチュラルに仕上げる事を求められています。それは様々なオーディションに応募、提出する為ですが、そこではこってりとしたメイク顔ではなく素肌感が見たいからです。
    しかし言葉通りに「ナチュラル」一辺倒では印象的にすることは出来ません。

    そこで大切なのが「ベースメイク+ポイントメイク」のバランスです。個人個人に合わせて最適な強弱をつけ魅力ある人に仕上げる事が大切です。

  3. 職業やイメージに合わせて創ることが出来る

    女優=美しく、声優=可愛く、コンテスト=印象的、などテーマを持ってヘアメイクすることで理想を具体的に実現することが可能です。

    たとえば「可愛くする」ためには「丸い目」に近づけるのが一つの方法です。「切れ長」であっても目の中央上下にアイラインを太く入れることで丸い目に見せることが出来ます。またまつ毛を多く見せることで「目」は丸く、更に大きくなり印象敵になります。

    この様に顔の特徴を掴んでバージョンアップさせることが出来ます。

プロのヘアメイク・キレイの理由・まとめ


ご自分の「ヘアメイクはこうである」と決まっている以外はヘアメイク付きプランをお薦めします。また撮影当日はスッピンでもメイクをしてこられても大丈夫です。「餅は餅屋」(モチハモチヤ)という言葉があるように、その道のことはやはり専門家に任せて頂くのが一番です。是非ご利用ください。


著者について

タツヤ administrator