宣材写真|オーディション写真をスタジオで撮ろう

著者:フォトグラファー タツヤ

ハリウッドスターのイメージ

今回の撮影は宣材写真の扱いとなりますがオーディション写真として利用される予定も有りそうです。

通常のプロフィール写真は『シンプル』であることは大切ですが、今回はメイクアップ、ヘアスタイルそしてポーズ共にシンプルな中にも『強い個性』を大切にしました。

それはAさんの場合、既にファッションやメイクアップに独自のスタイルをお持ちだからです。写真で個性を表現する場合モデルさんが元々持っている可能性や実力を引き出すことはとても大切です。

たとえば当スタジオカメラマンは元々持っている個性を潰さないために、いきなり笑顔を求めたりポーズを指定することはありません。
初めはヘアメイクでリラックスし、その後コミニュケーションしながら、撮影の流れに沿って笑顔を表現するテクニックをアドバイスします。ポーズも最初から決まっていることはなく、流れの中で似合うものを探し提案します。

このような流れで撮影することにより一人一人の個性を表現することができるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください