俳優 宣材写真

著者:フォトグラファー タツヤ

俳優宣材写真の表現方法

芸能界の俳優宣材写真は笑顔とは限りません。

それは魅力には多様性があり、Aさんは笑顔が好き、でもBさんは笑わない顔が好き、などと好みが分かれるからです。

笑顔が良いといわれるCさんは笑顔にし、クールなDさんは鋭い目つきの宣材写真にする。

人それぞれで様々なケースながあります。

でも実際、どちらが良いのでしょうか。

ケーススタディー|どっちがいい笑うVS笑わない

宣材写真は笑顔と掲載写真の「魅力的な顔」ではどちらが良いか見てみましょう。

  • 笑顔=爽やか・楽しい・社交的
  • 魅力的な顔=目を大きく開けずに重くする・笑顔のように口角を沢山上げないで唇の持つ丸みが損なわれないようにする

一般的な好印象を求めるのであれば笑顔で良いですが、それ以外の個性を求めるとき笑顔では表現しきれないこともあります。

掲載写真はその代表的な撮り方と言えます。

掲載写真の「魅力的な顔」を分析
本来の目が持つ形の美しさを壊さないようにしています。それは美しい目そのものを見せることです。

また口元は唇が本来持っている丸みを表現することで美しさを強調しています。

どっちがいい笑うVS笑わない|まとめ
以上のように表現するイメージにより笑顔にするか、それとも他の選択肢にするかを決めます。

そのためユーザーさんとの会話をし、またファッションセンスをみてイメージ創りを行います。

その為、笑うVS笑わないを決めることは出来ません。

撮影前レッスンの紹介
  • 笑顔で撮りたくても笑顔がひきつる。
  • どんな表情が似合うのかわからない。
  • 緊張しやすい。
  • そもそも撮影をしたことがない。

等の不安や悩みを解決するのがプチレッスン、フルレッスンの撮影レッスンプランです。

これば個人レベルに合わせて、アドバイスをする事で、どなたに対しても有効な上手く撮られる為のショートレッスンです。

是非チャレンジしてください。

関連ページ