印象的な俳優オーディション写真|宣材写真スタジオ

著者:フォトグラファー タツヤ

印象的な俳優オーディション写真

アベノミクスそして2020年東京オリンピックが決まり日本の景気も良くなってきました。それに伴ってかオーディション写真や宣材写真を撮影に来てくれる方が嬉しいことに大変多くいらっします。そして新記録を更新中です。

でも当スタジオは一日最大5名様までしか撮影しません。それは1名にしっかりと時間をかけ丁寧に仕上げていくからです。仕事ですから採算の問題もありますが、それよりも「来てよかった」といって貰えることを大切にしています。

今回の撮影で注意したのは上半身に着ている「白いタンクトップ」です。まるで漂泊しているように真っ白なので、ライトが明るくてハレーションすると身体のフォームが分からなくなってしまいます。そうならないように背景色を明るめのグレーにしてタンクトップとのコントラストを付けました。
そしてイイ表情をどうすれば上手く作れるかを説明をして「女優」の撮り方を実践しました。

この女優の撮り方とはタレントやモデルとは違うのですが、体の中からジワジワ湧きあがるスピリッツを表現することによって様々な笑顔をすることができるようになります。

全身撮影では数パターンのポーズをやってみましたが、このポーズがしっくりきました。カメラマンのアドバイスを上手につかめれば脚を約5~10センチ長く見せることができます。この撮り方は当スタジオオリジナルの脚長撮りです。
また腕は横に張り気味にすることにより上半身を大きく見せ、その結果「顔」を小さく見せることができるテクニックです。

結果的には白いトップとサーモンピンクのボトムの色合いが奇麗で可愛く撮れたと思います。

※関連記事
その他掲載中の俳優オーディション写真はこちら