一次審査通過 オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

一次写真審査通過のオーディション写真

オーディションに応募する際の最初の壁は一次審査(写真審査)通過にあります。この一次審査ですが簡単なプロフィールに写真を2枚添付するパタンが多くあり、2枚のオーディション写真が通過の是非を握る重要なカギとなります。

審査を通過するためのオーディション写真と宣材写真の撮り方には鉄則があります。それは自身の持つ『美しさのみを表現する』ことです。ここでいう美しさの中には人柄とルックスが含まれます。爽やかさ、カッコ良さ、フレッシュ感などの持ち味を全身を使って表現しましょう。

その中でも『顔』表現にはこだわります。

たとえば「目」の表現方法ですが、潜在的に思っている目の大きさより、更に大きくすることで「目力」が増しインパクトが強くなります。そして「口」は開くことで形が変化しますが、どの程度の開き方が最も美しいかは個人差が大きいので、当スタジオでは美しい形を見つけることから始めます。たとえ口元に自信がなくてもキレイ見えるように撮影することは可能です。

上記では目と口についてお話ししましたが目と頬はつながり、頬の動きにより顔の形が丸くもなれば、楕円形にもなります。そして口を動かし笑顔を作ると鼻の形が変化し、(また最初に戻り)目の大きさが変わります。ちょっとコンフューズするかもしれませんが、要は顔のパーツはそれぞれ繋がっているので、一つを動かせば、他の一つも動くという様に「連鎖反応」します。

その一つ一つを注意深く見て、撮影すれば一次審査通過の極めて強いオーディション写真や宣材写真が撮れることになります。

※先週のオーディション写真、宣材写真又はその関連
グリーンメディア
アプトプロ
バオバブ
アトミックモンキー
賢プロダクション


関連ページ