顔の魅力をオーディション写真・宣材写真で最大限に引き出す撮り方

著者:フォトグラファー タツヤ

顔の魅力を最大限に引き出したオーディション写真・宣材写真

顔の細部にこだわって撮影する高度な撮り方と言えます。オーディション写真や宣材写真を何度も撮ったことがある場合、仕上がりの写真を見て満足したり、不満に思ったりと新たに課題を見つけることができます。もし以前撮った写真に不満があったり、またこうすれば更に良くなる!などの気持があればお気軽にお伝えください。様々な撮影方法により以下のことが可能です。

顔をシャープ見せる事が可能です

女性からのリクエストの一つに「顔をポッチャリ見せない」事があります。顔の形は卵型、丸、四角、三角、逆三角等に分けられますが、大抵の場合左右均一ではないため、右向き、左向きで表情が異なります。たとえば右向きはシャープ、左向きはラウンドなどです。だから撮る方向により、『顔をシャープに見せることも、美人に撮影することも可能』なのです。

爽やか系か美人系(美男子)か判断が大切です

笑顔での撮影は素晴らしいことです。しかし「笑顔は顔が丸く見える」のも事実です。そこで俳優さん各々にとって、笑顔の爽やか系か、ツンとした美人系(美男子系)なのかで撮り方が変わります。顔をシャープに見せるなら笑顔はいらないことになりますので、適宜正しく判断することが大切です。

二重をしっかり見せることができます

眼力を付けて撮影することは大切ですが目を大きく見開くとにより「二重が見えなくなる」ことがあります。その際は「顎の上げ下げ」をして撮影することで二重をしっかり見せることができます。二重は見せ方により役者としての色気を付けることができますので『目力vs色気』で天秤にかけ、『俳優さんの長所に合わせて撮影することが可能』となります。

そしてそれらを表現するためのヘアメイクや照明効果もカギとなります。

※先週の主な関連撮影
映像テクノアカデミア
日本ナレーション演技研究所

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください