可愛く撮る方程式

著者:フォトグラファー タツヤ

清純系で可愛く撮るにはその方程式を理解する

清純系で可愛く撮るには撮影の状況や環境を整えることから始まります。これは声優さんだけに限らないことで万人に共通している「ノウハウ」です。

  1. 服装
    明るい色がお勧めです。特に白やペールトーンの淡い色なら間違いありません。そして胸元が適度に開いたデザインがイイですね。適度なフリルもOKです。シャーリングやタック、スカラップドネック、スクエアーネックデザインでもOKです。
    季節感は春夏物ですね。真冬の撮影でも問題ありません。
  2. 髪型
    黒のストレートヘアが確実です。実は黒と言っても沢山の種類があります。青や緑系、グレー系、黄色系などです。それらは太陽に反射させると分かりますが、室内でみて黒ければ撮影に影響はありません。また黒よりは少し明るい黄色系黒でもイイと思います。黒髪より軽やかに見えるポイントもあります。前髪はぱっつん系(ブラントカット+シャギー)のストレートが代表的です。
  3. メイク
    ナチュラルメイクが最適です。素肌を滑らかに表現できるようにします。でもノーメークにはしません。撮影用のメイクアップは照明に合わせて作りますので家にいるときの薄化粧とは異なります。血色の良くない方はチークをピンク系に、ルージュもピンク系がお勧めです。
  4. カメラアングル
    やや見上げたような感じにするのも一つの方法です。ここで大切なのはカメラと顔の距離です。2メートル位は取りたいですね。そうしないと顔が横に広く見えてしまいます。また鼻が大きく見える場合があります。
  5. 顔の表情
    妹系笑顔が代表的です。ちょっと横向き風にするとお洒落で都会的な感じを作ることが出来ます。

以上、参考にしてください。

当フォトスタジオでは色々なイメージ作りのサポートをしています。妹系、ボーイッシュ系、爽やか系、カッコイイ系、美人系など、どんなイメージ仕上がりも可能です。

声優系オーディション情報

前回に引き続き「インテンション」が募集中です。人気のあるオーディションですが、前回当スタジオで撮影した方も所属活躍中です。皆さんもそれに続きましょう。

賢プロ・スクールデュオ、日ナレ所内オーディション、進級用の撮影も進んでいます。1月は忙しくなりますので12月までに撮影するのがお勧めです。

当スタジオ3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)

関連人気ページ