笑顔だけがオーディション写真じゃない

著者:フォトグラファー タツヤ

「俳優は笑顔」の常識を破る

自分自身笑顔が似合わない、イメージではないと感じることもあると思いますが、そんな場合「オーディション写真・宣材写真」を無理して笑顔で撮影する必要はありません。

元々どんな表情にするかの決まりはないので自由ですし。

ただその自由を得て、皆を納得させるには「笑顔に負けない顔を表現する」ことが大切だと思います。

基本的に「笑顔」は万能で誰が見ても好印象を受けますので、それを上回る『顔』を作らなければ納得させることはできません。

それでは笑顔に勝る表情とは何か?となりますが、幾つか思いつきます。

たとえは魅力的な俳優顔、又は美しさを強調した美人顔では如何でしょうか。

特に女優さんの場合、目と口の表現力で「笑顔を上回る印象的な顔」はたびたびあります。

これは目を開ける早さと、タイミング、そして大きさを意識すると出来るようになります。
そのレッスンも出来るようにしています。

もう一つは顔のパーツが最も美しく見えるアングルを探り、撮影する方法です。

こちらはカメラマンによる洞察力が問われるのですが、撮れば撮るほどに精度は上がっていると思います。

そしてあなたが「どちらのバージョンで笑顔を超えたいか」宜しければ撮影当日にでもご相談ください。
十分にチャレンジする価値はあると思います。

関連ページ