ニューヨーク オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

海外オーディションのオーディション写真

今回は海外オーディションのための撮影です。

伺ったお話しによるとニューヨークでは毎日のようにオーディションが行われ、旅行で1カ月も滞在すればかなりのオーディションを受けることができるようです。

オーディション写真のサイズは10インチ×8インチが多いようです(日本で言う六つ切りのこと)。

この写真サイズからも本場の高いテンションが伝わってきます。

しかもバストアップではなく、ヘッドショット(顔のクローズアップ)であるため、穴のあくように顔を見られることになります。 

基本的には日本でのダンスシーンの撮影方法と同じですが、よりダイナミックにする必要があると思います。

アジア人は顔の骨格や体の作りが西欧人より平坦なため、インパクトを表現できるように切れ味を強調するのが良いでしょう。

ニューヨークではオーディションによってヘッドショットのみを提出することもあるようですが、今回は上半身、全身を撮影しています。