カテゴリーアーカイブ 子供 オーディション

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季 子役オーディション写真

子役のオーディションは大人のオーディション同様に写真審査が重視されます。手持ちのオーディション写真・宣材写真が好印象であれば合格率は高くなります。またプロダクションに所属している場合でもその写真の優劣で仕事の数は変わってきます。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

子供オーディション写真の準備と撮影ポイント

アニー、ライオンキング、サウンドオブミュージック、など、人気オーディションの第一歩である書類審査は、大人同様にオーディション写真が合否を大きく左右します。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

通過・合格・ユーザーズボイス(口コミ)・・楽しいと表情が明るくなりますね

合格・ユーザーズボイス



養成所・専門学校等撮影掲載開始
以前の合格連絡
通過・合格連絡を送る
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

子供向けオーディションでは「オーディション写真」の出来栄えで大きく合否が左右されます。
現に当フォトスタジオにお越しのお子様は「宣材写真」により仕事が増えたとご報告を頂いています。

子供・子役・小学生・中学生など


子供・子役(小学生以下)のオーディション審査結果聞き取り開始以来 非常に高い通過・合格率です

合格の声はこちらでご覧い頂けます。

【撮影について】
  • コンセプト:オーディションの内容により適宣対応し「求められる人材」に仕上げます。
  • イメージ:子供らしく撮る場合と「おませさん」に撮る場合があります。
  • 背景:ほとんどのプロダクションで承認される白又はグレーで撮影致します。
  • 当スタジオのポイント:マネージャー・お母様方に「仕事が増えました」・「プロの撮り方は違いますね」・「勉強になりました」等絶賛されています。
  • 更に完成度を上げたい:本番撮影前のレッスン付きプランは「集中力がない、歯が生えそろっていない、写真が苦手、写りが良くない、初めての撮影」でも印象的にアピールできる様になります。










アクセスの多い人気ページ


※当スタジオは皆さんの活動を応援します

著者:フォトグラファー タツヤ

オーディション写真 宣材写真のポーズ「厳選ポーズ5選」

オーディション写真として又宣材写真としても通用する完成度の高いポーズ「5つ」をご紹介します。どれも多少のアドバイスでどなたでも「綺麗に出来る」ようになります。


クロスポーズ

脚をクロスしたストレート系ポーズ



ファッション誌でよく見かける「小顔・脚長ポーズ」です。どなたでも真似できるポージングです。しかもスタイル抜群効果が高いので個人的にもよく提案しポージングして貰います。経験の少ない方でも少しのアドバイスで良くなります。モデル、俳優、声優、ミュージシャン、コンテストなど脚長にしたい方に最適です。





膝を重ねたポーズ

膝を重ねたキュートポーズ



上記したクロスポーズの強さとは対照的に可愛く、エレガントなポーズです。片膝を曲げてもう一方の膝に小さくクロスさせることでキュッと締まった細い脚が完成します。まるで足にウエストを作ったようなシェープで細さを演出できます。モデル、声優、など可愛さを強調したい方に最適です。





ストレートなポーズ



元気のあるポーズで躍動的なオーディション向けと言えます。たとえば、ミュージカル、ダンス、チアーリーダーなどの様に舞台やステージで動き回ったり、ジャンプしたりなどアクティブなイメージを思い浮かべさせます。




S字ラインのポーズ



アルファベットの「S」のように、体をくねらした脚長ポーズ。男女共に利用でき様々なファッションに似合います。モデル、俳優、ダンサーでもクールなイメージでスタイリッシュにカッコ良くしたい場合に適しています。掲載した写真は脚だけでなく腕の長さも強調しています。





バレエのしなやかなポーズ




限りなく完成度の高いバレエポーズで劇団四季のバレエエントリー・バレリーナ等に最適です。バレエが得意なら宝塚も良いと思います。全く同じにポージングをしようと思っても難しいですが「なぜ理想的なポーズ」かアドバイスすれば皆さん身体的ベースがしっかりされいるので直ぐに出来るようになります。但しこれは「オーディション用のポージング」と言い換えることが出来ます。

オーディション写真・宣材写真の「厳選ポーズ5選」・まとめ

全身撮影はオーディション写真や宣材写真において魔法のような存在といえます。それは「撮り手のアドバイスでいか様にもスタイルを良く見せることが出来る」からです。
「スタイルに自信がない」と思っている方こそ効果を実感することが出来るでしょう。

著者:フォトグラファー タツヤ

おすすめオーディション写真・宣材写真「6選」

こちらに掲載しているのはオーディションで素晴らしい成績を残した写真6点です。
実際いくらカメラマンや友人が良い写真だと言っても審査員と審査基準が異なっていると成果を上げることが出来ません。しかしそんな不安を覆す審査員も納得の「6点」です。

爽やか笑顔



俳優、声優、コンテストなどに最適の好感度の高い爽やかスマイルです。イメージが合えばミュージカルでも行けると思います。
なぜ評価が高いのか、
それは『透明感、少し緊張した面持ち、清潔感のあるコーディネートなど新人としての要素が充実しているから』だと思います。
笑顔は一人一人違いますので「あなたならではの笑顔」でオーディションを突破しましょう。




意志の強い女性を表現



笑顔にしないのかポイントです。「オーディションなら笑顔が良い」という定番に真っ向から立ち向かうような撮り方です。女優・ミュージシャンに最適でイメージが合えばミュージカルも良いと思います。妖艶、クール、スタイリッシュなイメージになります。
倍率が高いオーディションでも目立つので強いです。目は強め、口は弱めにするのがポイントで演技力を見せることも出来ます。是非チャレンジしてください、サポートいたします。




クールで都会的



少女風でもあり、大人的でもある不思議な感じがします。髪を留めているので活発なイメージがあります。女優、ミュージカルやミュージシャンも行けると思います。




スタイリッシュでカッコイイ



ビッグオーディションもパスできる都会的な表現です。アングルに拘ったことで顔の印象が強くなりました。
全身撮影においてはジャケットを手で少し目繰り上げるのをご提案しましたが上手に表現してくれました。俳優、コンテストやモデルにも行けると思います。




クールイメージvsスマイル&シェープ



左は目は強め、口は弱めな都会的イメージです。顔の向き、顎の高さが意志の強さを表現しています。ミュージシャン、モデル、ダンサーなどに向いています。

右は対照的に笑顔とポーズで出来る限りの感情を表現しています。ジャズダンス系・ミュージカルなどに向いています。

※ピンクの文字でどのカテゴリ(職業)に向いているかを記していますが状況によりその限りではありません。




おすすめオーディション写真・宣材写真「6選」・まとめ

上記のオーディション写真・宣材写真を見て分かるのは、笑顔だけが良いのではなく、あなたに合っていることが大切な条件となり、それが『合格の決め手』となる事です。
そのため何が似合うかを見極めるカメラマンやスタッフの目も大切な役割を果たしています。
撮影後には「カメラマン推薦」として応募用写真をお選びすることも合格に貢献していると思います。

また何に応募するかはっきりさせることで撮り方が決まるため、オーディションの内容によっては笑顔にする場合もあれば、真顔にする場合もあります。
そして漠然と笑顔にするよりも目標に合わせて撮影することが合格率を更に上げることが証明されています。
いかがですか、参考にして頂けましたか。どうすれば印象的か、どんな表現が良いか、など分からなくても心配ありません。撮影前にご相談しています。


著者:フォトグラファー タツヤ

宝塚音楽学校・オーディション写真・宣材写真


宝塚音楽学校のオーディションでは容姿端麗でメイクをしていない「スッピン」にこだわりがあるため、オーディション写真・宣材写真においても「美しさ・可愛らしさ・スッピン」であることに焦点を当てて撮影に臨んでいます。

宝塚 募集内容(別窓でリンク)

撮影手法として上半身は「5センチの肩より上の写真」の中に全ての要素である「清潔感、美しさ、夢、若さ、誠実、スッピン」を込めることに専念します。

具体的なテクニックとしては「最も美しいアングル」で撮影する事により、バランスの取れた顔立ちにすることが可能です。

そして精神的に引き出したいのがフィジカルとしての「キラキラ感」を念頭においています。それを引き出せればアドレナリンにより、輝いて見えます。

また肌の質感、美しさの表現は「メイクアップ」のみで表現するのではありません。

特にライティング(照明)効果で美しさ、滑らかさを表現できるのです。僕がこだわるのは肌を滑らかにしても顔の立体感を失わないテクです。この二つは相反するテクニックですがバランスを見ながら一人一人調節しています。そのため少し多めの時間を頂いています。

そして全身撮影では黒のレオタードとなりますが、タイツとシューズは同系色にすることにより脚長効果は高くなります。

全身オーディション写真の注意点として、

  • しなやかさ
  • 体のラインの美しさ
  • 腰高
  • 手足の長さ
  • ウエストのくびれ
  • 顔の表情

等、全てに心配りすることで魅力的な仕上がりにすることが出来ます。

お勧めの撮影プランはフルレッスン又はプチレッスンです。これはカメラマンのアドバイスが分かりやすく理解できるようになります。



※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ

著者:フォトグラファー タツヤ

子役オーディションは大人以上に写真で決まる




アニーオーディション・初めはだれでも未経験者


アニーとアンサンブルの募集となります。

アニー役はダンスや演技の経験者も多く、既に舞台公演なとの出演豊富も持たれている場合も少なくありません。

しかし応募に関して言えば役柄は多岐にわたるため応募は未経験者でも可能です。

そのためオーディション合格を目指すことはもちろんですが、経験を積む場としても有意義なため無駄になることはありません。

演技や歌の経験・お子さんのキャリアについて


T.Sスタジオで撮影されるお子さんの場合、既にプロダクションに所属のされている方と未所属の方が同程度の割合となります。しかし撮影に関していえば、コンスタントに写真撮影の仕事をしていない限り大差は生まれません。

そのため、バレエ、ダンス、などお稽古事の経験があれば、オーディションの登竜門である一次審査通過の可能性は十分にあります。

経験とは関係なくイキイキと子供らしく撮影することをモットーとしています。

撮影に慣れているお子さんは決して多くはありません。でも「アニーに参加したい」と思う意思がれば上手に撮るのは夢ではありません。

それはカメラマンの意思をしっかりとこなす姿勢があれることが大切だからです。

お子さんの場合、集中力が保てる時間は大人より短くなるので、撮影方法はケースによりで変えています。

本番撮影前に練習するプラン、プチレッスン、フルレッスンはお子さんに対しても効果がりますのでお勧めできます。

これは練習撮影後にモニターで写った自分自身を確認できることもあり、カメラマンとの意思疎通が容易となります。

是非ご利用ください。

※アニーオーディション
書類審査・上半身、全身の写真を添付・他


※子供オーディション写真詳細

著者:フォトグラファー タツヤ

くまのがっこう・劇団四季サウンドオブミュージック 人気子供オーディション対策


当スタジオの土日はお子さんの撮影が多くなっています。と言うのも『劇団四季 サウンドオブミュージック』&『くまのがっこう』という二大ミュージカルのオーディション写真・宣材写真撮影を行っているからです。これらのオーディション募集は6歳~20歳程度を対象としていますが、撮影に来られるのは小学生までのお子さんが中心です。

くまのがっこう用の撮影

昨年までの公演の記録を見ると「子供ミュージカル」といった様子なので、楽しく、明るく、協調性を持ったお子さん、的な仕上がりが良いと思います。衣装もレオタードで撮る必要はなくカジュアル服が人気です。もちろんレオタードでも問題はありません。

レオタードの場合一律に同じような「いで立ち」となるためポーズが重要と言えます。ダンスレッスンをしているお子さんはポーズも上手な傾向がありますが、あまり行っていないお子さんは洋服のほうが(差別化できるので)イイと思います。

以上の様に劇団四季とくまのがっこうではイメージを変えて撮影に臨んでいますが、衣装、髪形を替えるのもイイともいます。お勧めプランはフルレッスン、プチレッスン、ダブルコンセプトのいずれかです。

劇団四季サウンドオブミュージック向撮影

  1. 劇団四季向けのオーディションは大人同様にレオタードでの撮影が大半です。
  2. カラーは黒、ピンク、赤と様々で白のタイツが人気です。
  3. ロングヘアーの場合毛先をカールすることで可愛らしさが増します。
  4. イメージは「プロっぽく」で大人の中に混じってもやっていける子供としての表現を心がけています。まずはモチベーションが大切ですが、皆さんしっかりと撮影に向き合ってがんばっています。その姿勢が良いオーディション写真・宣材写真になる秘訣とも言えます。
  5. 撮影プランはフルレッスン・プチレッスン・ダブルコンセプトがほとんどですがレッスンのかいもあり良い仕上がりに繋がっています。

スクールで撮影する場合もあるようですが合否は写真で決まることも多いのでしっかりと撮影しましょう。既にプロダクションに所属している場合でも更に良い写真を撮影して合格率を上げてください。また撮影したデータは今後プロダクションの宣材写真としてご利用いただいてもかまいません。

くまのがっこオーディション情報詳細・別サイトにジャンプします
中学生以下のオーディション写真・宣材写真サンプルはこちら


※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができます⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ