イメージチェンジのやり方

著者:フォトグラファー タツヤ

イメージ変える要素は髪形、服装、雰囲気でかなり変わるた

女性の場合、髪形、メイクアップ、服装で以前とは全く違った「ルックス」を表現することが出来ます。

そのため宣材写真やオーディション写真を撮影する場合でも、撮り方を変えると良いでしょう。

それは笑顔一つとっても以前と同じに撮るのではなく、新しいイメージに合った写真へ撮り直すことを推奨します。

そして撮り直すたびに表情を作る技術がステップアップするため、プラス効果が沢山あります。

たとえ倍率の高いオーディションであっても有利になり、チャンスを拡大できるでしょう。

またプロダクションの宣材写真であればイメージチェンジした場合は、撮り直さないとオーディションや仕事先で実際の見た目と全く違うことで「迷惑をかける」ことが有りますから特に気を付けなければいけません。

元々宣材写真・オーディション写真はシンプルにすることが要求され、メイクアップはナチュラル系になることが多いですから、それでイメージが変わることは少ないかもしれません。

しかし髪を切った場合は全くの別人になる場合もありますから、しっかりと自己管理して対応すると良いでしょう。

アクセスの多い人気ページ





※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ
俳優オーディション写真・宣材写真詳細