男性の宣材マニュアル

著者:フォトグラファー タツヤ

優しい感じの男性表現・基礎編

優しい感じの男性宣材写真・オーディション写真が人気です。

当フォトスタジオの男性ご利用は、俳優、声優さんが最も多く、ついでモデル、ビジネス系、その他の順となっています。

皆さん職業は様々ですが優しい性格の男性がとても多い昨今です。

そんな優しい印象の男性陣はやはり「優しさ+好感度」を狙って撮影することが一番と考えています。

優しさだけでは物足りないのでプラスして、好感度、好印象がポイントとなります。

好印象が積み重なり好感度になるために、撮影では好印象を一つ一つ重ね合わせていくことでイメージが完成します。

そこで好印象を表現する撮影方法を考えますが、男性のみならず、女性にも当てはまる事柄も沢山ありますので、どなたでも参考にして頂けると思います。

  • 積極的に取り組む姿勢をアピールする
    人は真剣に話を聞こうとすると、目を見開く習性があります。まばたきをせず、話をしている人に集中して理解しようとするからです。このことから分かるように、撮影でも少し目を見開らくとで「積極性」をアピール出来ます。

  • 口元をチェックしよう
    口の両端を「口角」と言いますが、楽しいと口角は上がる習性があります。そこで撮影でも口角を上げることで「楽しい」感情を表現できます。楽しさは人をひきつけ、他人をも楽しくさせることが出来ます。たとえ笑顔が苦手であっても口角を上げることは難しくはありませせんので、すぐにでも実践する事が出来ます。

  • こざっばりさせよう
    清潔感があると言われて嫌がる人はいません。それは清潔でいたいと皆が思っているからです。そこで撮影でもこざっぱり清潔でいることが大切です。清潔感を表現する方法は幾つかあります。その中で誰でも出来ることを紹介します。

    • 撮影前日又は当日はシャンプーしよう。
      当たり前の様ですが、さらっとした髪は清潔感の代表選手です。
    • 服のしわをなくそう
      撮影用の服がしわだらけでは清潔感ではなく生活感が出てしまいます。撮影に響くような大じわはなくしましょう。めんどくさくてもアイロンがけ等で綺麗にしましょう。但し麻素材ではしわを楽しむことも出来ますので、分からない時は服を2,3点用意すると良いと思います。
    • メイクアップ
      男性だってメイクアップでかなり変わります。特にひげ、ニキビは対敵ですからフォローを忘れずにしたいですね。そこでベースファンデーションを塗ることにより綺麗な肌に仕上がります。もちろんメイクすることで女性っぽくなることはありません。肌の程度によりファンでの色、量を変更しています。
    • 靴もチェック
      お洒落は足元から、などとも言います。多少の汚れは見えにくいですが、土、泥が付いているのはNGです。特に雨の日は撮影用に一足持参しましょう。

今回は「優しく好感度」をテーマに考えて見ました。
これらは基本的な事が多いですが、逆に基本が大切とも言えます。
誰にでもできることなのでしっかりフォローする習慣を付けてください。

関連人気ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください