顔で宣材写真を撮り分ける

著者:フォトグラファー タツヤ

顔の特徴でオーディション写真を変える

ファーストインプレッションでどんな感じに撮ると良いか決まることもあります。

今回は直ぐにイメージが出来ました。

ホットな笑顔の中にエキゾチックな雰囲気のある方ですので「目を印象的に唇を情熱的」にしたいと考えました。

イメージが決まると過去に撮影した沢山の引き出しの中から適応するライティングを見つけ出します。

そしてそれを元に新たなライティングをセットします。

そうなんです。

照明はお会いしてからセッティングしています。

それは個性や仕上がりイメージに合わせるため、いつも同一照明では表現しきれないからです。

ユーザーの身長は異なるためライトの位置を変えないと光をコントロールすることはできません。

次に照明セッティングが済むと「立ち位置」についてもらいます。

まずアドバイスなしで撮影を開始します。

初めからポーズや表情を指定することは「個性を潰すこと」と考えているからです。

すぐにアドバイスしてしまえば大きく外れることはないので撮影時間も短縮できます。

しかし同じように撮ることに繋がるため没個性になります

撮影ステップ


  1. ライティングを決める
  2. 自由に撮り始める
  3. アドバイスを少しづつする

ここまで来ると撮影しながら更にイメージが膨らんできます。

イメージでは印象的な目と情熱的な口元でしたが、むしろホットな笑顔が似合うようです。

結果として「目力のある笑顔の宣材写真」として仕上げました。


※関連コンテンツ
宣材写真の撮り方(俳優編)

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)