カテゴリーアーカイブ アナウンサー・mc

著者:タツヤ

東京アナウンス声優アカデミーでオーディション写真・宣材写真が重要なわけ

来年に向かって新たな準備が進められる時期ですが当スタジオは『東京アナウンス声優アカデミー』の皆さんにも昔から沢山ご利用頂いております。基本的には爽やかさをベースに個性が表現出来るようにするしています。また心がけているのは可愛く、美しく、カッコ良く撮影することでこれは女性だけではなく男性でも同様です。

ところでオーディションではプロフィールに写真2枚を付けますが「上半身・全身」となっているだけで「どの様に撮影する事など」とは指定されていないのが一般的です。またプロカメラマンに撮ってもらうことなどの決まりもありませんので、自分撮りしたり、家族や友人に撮ってもらう場合もあるようです。そのため登録されるプロフィール写真のクオリティーはプロレベルからこれではいけないレベルまで様々となります。

やる気を見せるチャンスです

オーディションには決まり事ではないが礼儀の様なモノがあり、その中にオーディション写真のクオリティーがあります。写りが良い悪いはともかくとしてプロカメラマン撮影による写真は(ほとんど)「顔、全身、背景処理、照明」など適応性で最低限のマナー(基準)をクリアしています。そのため見せるための状況が整い審査員に「気持ちよくプロフィール写真を見て貰えます」。

事実担当の先生に「ちゃんと写真を撮ってくるよう」とアドバイスを受ける場合もあります。しかしアドバイスを受けることはラッキーなことなので積極的に捉え良いオーディション写真(プロフィール写真)を撮ると良いでしょう。



掲載写真が多く解説があるので自分に合ったイメージを探すことができます
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります

※先週のオーディション写真・宣材写真
  • 東京アナウンス声優アカデミー
  • 東京アナウンス学院
  • 日本ナレーション演技研究所
  • オスカープロモーション

著者:タツヤ

声優・俳優プロダクション・養成所のオーディション写真・宣材写真


2014年最初のオーディションの準備としてプロフィール写真の準備や撮り直し、更新が進んでいます。それは俳優、声優に限られたことではなく、これからモデルに挑戦する、アナウンサー試験を受けるなど数多くの方が連日お越しになります。

そこで今回はどのように撮影すると以前よりステップアップできるかを公開いたします。あるアンケートによると、職業用に限ったことではありませんが写真に手を加える人が増えています。これは修正というよりは背景を合成したり、色を変えたりとお遊び感覚の場合も多いようですが一般の人たちでも加工できる時代となっています。

オーディション写真や宣材写真では加工して「顔かたち」を変えてしまっては何の意味もなさずNGですが、ニキビやしみなどを消すことは効果的です。またその延長上には「しわ」を薄くしたり、クマを消したりとレタッチすることも可能です。このように考えていくと修正で何でもできてしまうように感じますが、まったくできないこともあるのです。

それが「マインドコントロール」です。マインドコントロールとは撮影に向かうモチベーションや感情表現の事でシンプルにいえば「良い表情」を作るコツとも言えます。良い表情は内面からでてくる明るさ、優しさ、楽しさなどの感情で決まるため、技術的な写真加工では表現できません。

そこで今後益々に大切となるのが『イキイキした写真表現』です。

撮影時の「ノリ」(テンション)は仕上がりにも直接影響します。たとえ上手くいかなくても後で修正することはできません。そのために上手に「感情表現」できるように新たなアドバイスを付け加えています。これにより写真が苦手なあなたでもステップアップできるようになるでしょう。

著者:タツヤ

なぜ笑顔の写真を撮るのか?


いつも様々なイメージ作りを持って撮影しています。

  • イケメンキャラなら『クール&セクシー』
  • 美人キャラなら『クール&ビューティー』
  • 舞台系なら『印象的なキャラクター』
  • MC系なら『知的&爽やか』
  • パンク,ロックは『シンプルORアナーキー』
  • ポップスなら『自然派ORラブリー』
  • オーディション写真は『インパクト』
  • 宣材写真なら『好感度』

もちろんこれが全てではありませんし、少しひねって撮ったほがいい場合もあります。それこそ各々のモデルさんに合わせて撮影します。でも全てに共通して撮影するのは『笑顔や微笑み』です。それは笑顔は人の心を動かし、期待や優しさ、また感動を与えるからです。

元々オーディション写真や宣材写真は知らない人たちが見ることが多いので誤解を与えず、自身を率直に理解してもらいたいものです。その時、笑顔や微笑みはきっと味方になってくれると思います。

それが高倍率でも突破できる「撮影のコツ」と言えるかもしれません!

著者:タツヤ

社交的な感じに撮るのが大切


イベント会場に行くと接客してくれるのが「コンパニオン」さんです。いつも明るい笑顔で迎えてくれて「凄いな」と感じています。基本的には立ち仕事なので足が痛くなったり、肩が凝ったり大変だと思います。・・それに難しいお客さんもいますからね。

そんなコンパニオンさんですが、大きく分けると二通りの撮り方をしています。
一つはMCやナレーションを行わないモデルさんの様な撮り方、もう一方は商品説明も行う「モデル+MC」の方用の撮り方です。

どちらも撮り方のコツとしては「明るく・社交性」を表現することです。表情は笑顔が良いですが、知的センスの表現も忘れてはいけません。
バストアップは遊びを抑えたアングルで「縦横」の傾きに注意しています。そこのとで真面目で理知的な表現が可能です。
また全身もモデルさんのようにファッションぽく撮るのではなく、「縦横」の傾きに注意します。必要以上にカジュアルにしてはいけません。

イメージ的にモデル撮影との違いをいえば、
ファッションモデルさんの撮影では「明るく、楽しく、可愛く」という感じですが、
コンパニオンさんは「明るく、楽しく、理知的に」と表現できると思います。

コンパニオンでも特定の職種(レース系等)の場合、派手に撮ることもありますが、その時はご相談ください。

著者:タツヤ

俳優 オーディション 東京(日本)で活動するための条件は?

海外から来日され日本で俳優活動やアナウンサー、キャスター活動をする方が増えています。
私の記憶ではその代表の一人として「サヘル・ローズ」さんなどは日本でテレビ、映画(たしか?)で大活躍していますネ。
今後は更に外国人の方のシェアが高まり、芸能界に新風を吹き込んでくれると楽しいと感じます。

と、前置きはこのくらいにしてここでは外国人の方が日本で活躍するための必須条件を考えてみました。

それは日本語が話せることに尽きると思います。
特にタレントではなく俳優になるのであれば「標準語」をシッカリ習得し日本人より綺麗な日本語が話せると良いのではないでしょうか!

本日撮影したお嬢まさは、まさに完璧な日本語でびっくり。
お名前も日本名なのでメール予約時外国人の方とは思いませんでした。しかしスタジオでお会いしてびっくり。あれだけ綺麗な日本語を話せる方がいるなんて・・・。

さらにサヘルローズさんのように眼差しがイキイキとしていて見るものを魅了します。テンションが高いところもイイですね。



撮影のセンスもばっちりですね。
表現力が豊かで様々な表情を演出してくれます。俳優 オーディションでは「顔」の表情力は特に大切です。無論、オーディション写真や宣材写真でも「イキイキした眼差し」に勝るものはありません。

そして目の輝きと同じくらい目立つのが「口」の表情です。皆さんいろいろな口の形をしていますが、撮影で大切なのは、まず、口角を上げることです。

これは口の形に関係なく誰でもできますので鏡を見ながら練習してください。特に撮影の前には筋肉をほぐず意味でも重要な顔の運動です。

著者:タツヤ

オーディション写真・宣材写真の撮り方・コツを公開中

オーディション写真・宣材写真は必ずテーマを持って撮影しています。各々の写真下の「タイトル」に主となる撮影ポイントを記述しています。撮りたいイメージの写真をクリックすることで詳細ページにジャンプすることが出来ます。参考にしてください。

クラシックバレー

レオタードで撮影

四季 ヴォーカル

ミュージカル ヴォーカル

ミュージカル ヴォーカル

劇団四季 ヴォーカル

笑顔のオーディション写真

爽やかオーディション写真

目力が強い

女優宣材写真

初めての撮影

オーディション突破

フレッシュな宣材写真

劇団四季 オーディション

オーディション写真のメージ

ミュージカル・俳優

声優系オーディション

俳優・声優オーディション

所内オーディション

宝塚音楽学校

真空管ドールズ

新規or進級オーディション

スターダスト

可愛く撮る方程式

アニー・くまの学校

爽やかに撮る

声優アワード

ミュージカル系

アニー・アニーズ・子役

ミスコン

俳優・声優オーディション

笑顔を可愛く見せるコツ

写真でリードできる

真面目で爽やかに

士業のプロフィール写真

ビジネスプロフィール写真

音楽家・演奏家

劇団四季 子役

子役のお勧め撮影

俳優・声優撮影の感想

バレーのオーディション・宣材

イメージチェンジ

笑顔より印象的に

劇団四季ヴォーカル

シグマセブンなど

81プロデュース対策

爽やかなコーディネート

ジャンルによる撮り分け

テーマパーク・四季

笑顔にしないコツ

ツインテールでキメル

インパクトを作る

声優養成所向け

爽やか系男性

リズムで撮る方法

劇団四季合格のポイント

リクエストベスト5

ミュージカル・ダンサー

バリエーション豊富

小学生オーディション写真

個性重視

緊張しても大丈夫

可愛いオーディション写真

ストレートロングの髪形+笑顔

上品に正統派にまとめる

丸顔を細くみせる

『宣材写真仕上げ』とは

インパクトのある写真

特徴を生かして印象的に

アイカツしよう

美人に撮る方程式

ポーズでステップアップできる

東宝ミュージカル

中学生以下の撮影

宣材とオーディション写真の違い

モデルになろう

俳優は深みを演出

正統派イメージ表現

透明感を演出する

子役ミュージカル

礼儀正しいオーディション写真

眼差しで印象的にする

笑わない宣材写真

爽やかで強い写真

ニューヨークオーディション

美少女の撮り方

モデル宣材写真

ダブルコンセプト

眩しい俳優宣材写真

全身撮影のコツ

子役宣材写真の撮り方

ミュージカル

ミュージカル宣材写真

モデル宣材写真

カッコイイ写真

ターゲットを絞ろう

各々に合わせた照明

笑わない表情の作り方

歌手オーディション突破

歌手オーディション写真

男性撮影も得意

ダンサー+女優

声優アワード新人発掘

声優専門学校

小学生ミュージカル合格

自然を演技する

劇団四季 ヴォーカル

劇団四季 ダンス

女優的に撮る声優

女優の表現力

声優妹キャラ

国民的声優グランプリ

声優アーティスト育成

声優歌手ユニット

ミスユニバースを勝ち抜く

今までとは違う宣材写真

俳優宣材写真

美しく撮るコツ

強めのミュージカルの撮り方

人気のある撮り方

バラード歌手を撮る

個性派歌手の撮り方

攻めのオーディション写真

目力は強調できる

自然光+人工光

クール+ラブリー

推薦写真のメリット

最強のオーディション写真

トレーナーの撮り方

正面撮りのコツ

妹キャラの表現方法

ロングヘアの表現

ポップス系 アー写

音楽家のプロフィール写真

ポップなオーディション写真

子供のバレー・ダンス

驚きキレイに撮れる照明効果

スーツをカッコ良く撮る

だんだん上手になります


オーディション写真は倍率の高い募集であっても通過できるように撮影します。一次審査にはたいてい写真審査がありますが、この写真審査を通過して初めて台詞、歌、演技などを表現するチャンスが巡ってきます。その意味では「審査を突破」するための写真といっても良いでしょうね。具体的な撮り方は各ページに掲載していますので、ここでは「イメージ作り」についてお話しします。
オーディション写真の撮り方で大切にしているのは以下の3つです。

  • 動く
  • 笑う
  • 遊ぶ

これが出来るようになれば「イキイキ」とした仕上がりが期待できます。動きながらポーズすることによりリズムが生まれ自然な表情になります。 笑う事により「人」に好かれます。(Happy Smile)(笑わない写真も撮りますが)遊ぶことで楽しくなります。遊ぶとは少し童心に戻る感じです。こうやって項目に挙げると難しそうですが、カメラマン、ヘアメイクとのコラボレーションで皆さんできるようになるのが素晴らしいです。

「オーディション写真の撮り方」意外にも 撮影するときの服の選び方「服装アドバイス」ヘアメイクの準備など「ヘアメイクついて」どんな撮影プランが良いか「撮影プランについて」・なども参考になると思います。


お気軽にお越しください。

ショートヘアでフレッシュに

スタジオ&ロケ×4

顔の魅力を引き出す撮り方


  • プチレッスン・・本番撮影の前に表情・上半身ポーズのレッスンを行う人気NO.1プラン
  • フルレッスン・・本番撮影前に表情・上半身・全身ポーズをレッスンするカメラマンお勧め
  • ダブルコンセプト・・ヘアメイクをチェンジして2つの表情を作るプラン
  • スタンダード・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • スタジオ&ロケ・・イメージ撮影と宣材写真(オーディション写真)を撮る贅沢プラン

著者:タツヤ

オーディション写真・宣材写真のポーズでイメージを変える



ポーズでイメージをどこまで変えられるかチャレンジです。
メイクを変えたり、背景や、服装、ライティングを変えるとイメージはかなり変わります。
それらを変えないでポーズだけでのイメージチェンジを行ってみました。
大きな変化はできませんが、
  1. シャイ
  2. グラビア
  3. アナウンサー
です。