ディズニーランド・テーマパークのオーディション突破の秘訣

著者:タツヤ

東京ディズニーランド 笑顔のオーディション写真

ディズニーランドのオーディションはアピール力のある写真を

ディズニーランドやピューロランドなどのテーマパーク向けの写真は夢と感動を与えられるように撮影するのがポイントです。

そのコツは笑顔と躍動感を表現する事です。

どんな笑顔なら強くアピールできるか


笑顔にも色々あり、「友人とおしゃべりしている時の笑顔」や「家族で話しとしている時の笑顔」など様々ですが、オーディション用の笑顔のコツは単に笑うのではなく『楽しく、キレイに笑う』ことがポイントです。言い方を変えると人に「見せるための笑顔」を作る事と言えます。

たとえば、笑い過ぎると顔がくしゃくしゃになったりしますし、かといって真面目な顔で笑顔を作っも目が笑っていなくては楽しそうに見えません。そのため、印象に残る楽しい笑顔に表現する為、楽しい気持ちを込め、、目力を付け、口角をしっかり上げるようにします。

これを一人でするには沢山の経験が必要となりますが、カメラマンのアドバイスやヘアメイクのテクニックがあれば十分可能となります。

レオタードで撮るのがオススメ


ディズニーランドはお気に入りの1枚の写真を添付すれば良いので、全身を撮影しない場合もあります。それは上半身の写真を送ると決めている場合です。

でも、上半身、又は全身で「どちらか気に入った方の写真を送りたい場合」はバストアップだけではなく全身写真も撮影します。特にスタイルに自信のある方は全身を送るケースもありますね。

そこで全身のオーディション写真(宣材写真)撮影のコツとして、『ダンスが上手に踊れそうな感じに』仕上げます。そのためにはスタイルだけではなく、手の指先、足のつま先まで意識しながらポージングします。

実際に踊っているポースのまま撮影するのではなく、写真的に映えるように表現します。
バストアップ同様にこちらもカメラマンがポーズのアドバイスを行いますので心配ありません。


ディズニーランドのオーディションはアピール力のある写真を・まとめ

テーマパークに来るお客様は、楽しいくて夢の中の出来事のよう、など現実から一歩離れた空間を求めてこられます。そんな人たちに喜んでもらえる夢を与えられるキャストになる事が臨まれます。そんな気持ちでチャレンジすることが大切と感じています。

著者について

タツヤ administrator