人気オーディション/81プロデュース・ディズニー・俳優など

著者:タツヤ

81プロデュース・ディズニー・俳優、声優プロダクション等のオーディションが最近の人気


コンスタントにオーディションは行われていますが何に応募するかにより撮り方や表現方法は変わります。そこでカテゴリ別に俳優、声優、テーマパークのオーディション写真、宣材写真のコツをお話しします。

  • 俳優の表現方法
    俳優は笑顔、まったりとした顔、ちょっとつっぱたクールな顔、など本人の持つキャラクターを前面に押し出し演技力を十分に発揮することが大切です。
    それを可能にするためには文字道理十分な写真的表現力を持っているとこが必要となります。たとえば「笑顔が得意」であればその笑顔を中心に撮影する事は自然なことです。しかし予想とは裏腹にまったりとした女優顔の方が魅力的な場合もあるので、一つの「顔」に絞らずに色々とチャレンジして見ることをお勧めします。

    イメージ通りに撮影するポイント
    それには顔立ちや雰囲気に合わせたファッション、ヘアメイクが欠かせません。基本コーディネートとして、トップスは首元を広く開けることがポイントですので、つまった襟元は避けます。但し首の長い方はその限りではありません。ボトムスでは太もものお肉が気になる場合はパンツではなくスカートを着用します(細くてもスカートでOKです)。スカートの場合「膝」を隠すことはあまりありませんが、ふくらはぎにお肉が沢山あると感じる場合は、思い切ってミニスカートの方が似合う場合もあります。いずれにしても「細く撮れるポーズテクニック」をアドバイスしていますので心配はありません。出来れば数点衣装をお持ち頂くと良いと思います。

    ヘアスタイルは特別な意図がない限り、止めたり、ハーフアップにはしません。もし髪が目に掛かるのであれば「手」で掛からないようにポーズしながら撮影することもあります。メイクアップは色使いを少なくし、アイメイクは強めにし目力を付けます。ルージュは弱めが良いでしょう。




  • 声優の表現方法
    声優らしくするためには、可愛い、爽やかなどに代表されるポジティブ(前向き)なイメージを作ることが基本です。俳優との違いを言えば、俳優は可愛い、爽やかなどのイメージの他に「まったり」や「無表情」又は「セクシー」などご自身のキャラクターに合うイメージを表現します。

    しかし声優さんはこの様な表現をしないで好印象にすることがポイントです。透明感、可愛い、爽やかさを出すことが声優らしさに通じ、それが業界のニーズとなっています。

    そこでポイントなるのが笑顔の見せ方です。目を細めず、口角をしっかり上げて印象的な笑顔にしましょう。オーディションや宣材では「目力」をアップさせ、可愛さUP、カッコ良さUP、を狙っていきす。

    いずれにしても笑顔を作ることなど一人でする訳ではなく、カメラマンとのセッションの中で行われますので、ご自身が考えているより上手に出来ることが沢山あります。撮影前には期待と不安があると思いますが、素晴らしいオーディション写真・宣材写真を作り上げて行きましょう。

    81プロデュースなど倍率が高いオーディションでも「過去に成績の良かった撮り方を参考にしっかりとサポート」いたします。

ディズニーなどテーマパークのオーディション

ディズニーオーディションは上半身、全身の2枚セットで送る場合と、好きな写真1枚を送る場合があります。しかしいずれにしても上半身、全身を撮影する方がほとんどで、僕もそれが正解だと思います。と言うのは写真1枚を送る場合でも、上半身が他の方より優れている場合、全身が優れている場合などと、撮影してみないと分からないことが有るからです。

上半身撮影のポイントはスプリング(ばね)のような「はじける感じのポーズ」と「楽しさを感じる笑顔」です。撮影では顔の表情だけではなく上半身の使い方(ポーズ)もアドバイスしていますが、これにより「印象的な仕上がりにすることが可能」です。
また全身は躍動感+スタイリッシュに表現します。その為の足位置、腕位置、顔の位置、腰の位置、その他にも一瞬でスタイルの良く見せるコツなどもアドバイスしています。

また劇団四季も考えている場合は撮影前にお伝えください。加味して撮影致します。

そして撮影後どの写真が良いかを推薦していますが、笑顔のバストアップが良い事もあるし、全身写真がカッコイイ、なんて事もあります。当スタジオでは毎年、沢山の方々を撮っているので、「あなたはこれ(例えば全身写真)が優れている」などと的確に推薦できると思います。それがオーディション突破の秘訣とも言えます。

カメラマンのおすすめプラン

レッスンプランをご用意しています。
これは本番撮影の前に練習撮影することですが初心者から上級者まで対応しています。テスト撮影した写真をモニタに映し出したポーズを見ながら、脚や腕の位置をアドバイスしたり、美しく見える顔の角度などを確かめてもらいます。これにより本番撮影はスムーズに撮影する事ができると人気です。

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)

※掲載写真が多く自分に合ったイメージを探すことができるでしょう⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ

著者について

タツヤ administrator