声優必見 オーディション写真対策(保存版)

著者:タツヤ

オーディション対策が合格を身近にする




※「白い背景+白いブラウス」なら透明感が倍増




※さりげないお洒落ポーズが新人っぽい


オーディション・なぜ透明感が大切か


先ごろ行われていた声優アワード新人発掘オーディション(別窓で外部リンク)や、ミュージックレイン/専用サイト(別窓で外部リンク)の合格者の宣材写真を見ても、『透明感』を大切しとるように見えます。

その 透明感(別窓で外部リンク)の意味は、

「すき通った感じ」・「にごりがなく明るい感じ」などで、例えとして透明感のある歌声・透明感のある肌などに使われる言葉です。

そして新人募集のオーディションでは、

「新人」は
新鮮である → すき通っている → 色がついていない=透明感がある=染まっていないので育てる価値がある=プロとして通用するようになる

との構図が成り立ちます。

そのため、オーディションでは「透明感をだすこと」 が重要なポイントになり、応募では「どうやって透明感を上手に演出できるか」が合格のカギとなります。

そこで、ここでは「誰でもできる透明感を演出するテクニック」をご紹介します。

透明感を絶対演出したい人必見のテクニック

透明感といっても抽象的で分かりにくいため「透明感>清潔感」に置き換えて説明していきます。

そして、この「清潔」に見せることが透明感を演出する近道になっていきます。

透明感を演出する要素

  1. ヘアスタイル
  2. ヘアカラー
  3. メイク
  4. 服装
  5. 撮影の仕方
などが上げられます。

ヘアは髪質に合わせる




ストレートヘア又はゆる巻きカールヘアが声優のスタンダードです。

硬い髪はストレート、細い髪(ネコ毛)はゆる巻きカールヘアがオススメです。

またストレートorゆる巻きに関わらず、耳の前の髪(触覚)をフェイスラインに掛け小顔効果を演出しましょう。



ストレートに向いている髪質

  • 髪質:直毛
  • 髪の量:普通
ストレートに向いている髪質の場合は基本的に「ストレートヘア」をお勧めしています。

黒髪で重く見える場合は、耳を少し出すように(見せるように)すると軽やかに見えます。

髪が多くてかたい場合、カールすると更に髪が多く見えて、重い印象となります。重い感じは透明感の演出には向いていません。

それでも、ゆる巻きにしたい場合は「ハーフアップ」にします。そうすれば下す髪が半分になるのでスッキリと見えます。



ゆる巻きに向いている髪質

  • 髪質:くせ毛・柔らかいストレート毛
  • 髪の量:少ない~普通
となります。

くせ毛や軟かい髪はストーレートヘアに比較してツヤが出にくい特徴があります。そこでドライヤーを使って真っすぐにブローしてツヤを出します。

しかし癖の強い髪は真っすぐにはなりきらないため横に広がって、更に多く見えてしまう場合があります。

そんな時に効果的なのはストレートアイロンで仕上げることです。なぜならストレートアイロンは高い熱とプレス効果(つかんで引っ張る力)で髪のツヤを蘇らせることが出来るからです。


しかしながら、最も効果的な施術はカールアイロンを使ってゆる巻きにすることです。ブローだと毛先につやを出すのは難しいのですが、カールアイロンなら比較的短時間で毛先までツヤを出すことが可能です。

これならお洒落な透明感の演出に効果的です。


ヘアカラーはダークブラウンが基準値




※愛情あふれる表情が新しい


日本人(アジア人も含む)の黒髪は重く見えることがしばしばあります。そこで考えたいのが髪の色を明るし軽く見せることです。

明るすぎるのは清純なイメージから離れるので、お勧めしませんが、黒髪、特に青みのある場合は軽やかさや清潔感が失われるのでカラーチェンジをお勧めします。


まずご自分の髪の色を分析してみましょう。

  1. あまり黒くない
  2. 普通に黒い
  3. かなり黒い

あまり黒くない又は普通の場合はカラーを変えなくても、撮影の照明で少し明るく見せることは可能です。

しかし、かなり黒い場合は照明にも限界がありますので、カラリングをお勧めします。

特にロングヘアの場合は少し明るくするだけでイメージを爽やかに見せることが出来ます。

色見は沢山ありますが、アッシュやイエロー系のダークブラウンはファッションにも馴染みやくお洒落な印象があります。またグリーン、レッド系は個性が強くなる印象を(個人的に)持っています。


メイクアップ・肌質はマット・口元は光沢



※テカリのないマットな肌質と潤いのある唇の相性が良い

肌はテカリのないマット仕上で「清楚感と上品さ」をダブルで表現。反対に唇は、光沢を付けてちょっとゴージャスに女子力をアップさせます。

チークは丸く柔らかく付けると、優しく、可愛い顔になり若々しくなります。

アイメイクはT.P.O(目の形や大きさに合わせて変化させる事)で行きましょう。

大きく強調したければ、リキッドライナーで上側をしっかり描きます。その分、下側は抑えめするテクニックがあります。そうすれば、目が大きくなるのに厚化粧のイメージにはなりません。


新人声優は声優系ファッション+トレンドで決まり

シンプル+フェミニン



声優ファッションはトレンド(流行)とは多少異なります。それはアニメやコスプレなどの影響が加わるためだと思いますが、それらは独特な世界観があります。



新人声優ファッションに欠かせない要素

  • U ネック(丸首が大きいデザイン)
  • フリルやシャーリングの胸元デザイン
  • フレンチスリーブなど、袖に特徴がある
  • タイトすぎないトップス
  • レースなどのシースルーの重ね着
  • 柔らかいカラーコーディネート
  • 膝上のフレアーミニスカート
  • Aラインのミニ丈ワンピース
  • 白いレース系のソックス
  • 高すぎないヒールの靴

上記にあげた特徴の3~5個程度入っていれば「透明感のある新人声優ファッション」に近づけることが出来ます。


特徴は「優しく&可愛く」仕上げることです。

またオーディションなのでシンプルにスタイルを見せることを念頭に置きましょう。


以上でファッション、メイクで透明感を演出する準備が出来ました。

そしてこれらの透明感を強調するのが撮影テクニックの『照明効果』です。


透明感に欠かせない贅沢な光の照明効果

沢山の光で最高の一枚が完成する



ライティング(照明効果)はカメラマンの経験や技術力から生まれるもです。10人いれば、10人異なったライティングをするためオリジナリティーの強い表現方法となります。

そして、この透明感のある撮影をすることにより、全てのディテールが生かされ、最高の一枚となるのです。

※質問のある方は以下よりお受けいたします。

著者について

タツヤ administrator

    コメントを残す