レオタードで撮影するポイント

著者:フォトグラファー タツヤ

レオタードで撮影する際の準備とコツを解説

現在ビリーエリオット・ピューロランド・また演劇において募集が行われています。そこでレオタードで撮影に来られる皆さんに、その準備と対策をご紹介致します。

ご承知の通り、レオタードでの撮影はどのカテゴリ(職業)の写真より体形が出やすくなるのでそれなりの対策をすることにより仕上がりのクオリティーも上昇します。

出来れば準備してほしい事、モノ

  1. ハイレグのレオタード
    ハイレグとは太ももの切れ込みの深いデザインの事で、これを履くとタイツが腰下程度まで見える様になることから脚長効果が高くなります。

  2. 撮り方の説明
    ビリーエリオット、ピューロランド共にジャズダンス系のポーズで撮っています。ジャズダンスを習ったことがなく、バレーには自身のある方はバレー系のポーズで攻める可能性はあります。お会いしてお話ししてから決めると良いと思います。

  3. それぞれの持ち物
    バレー系ポーズで撮影する場合、その際の持ち物とした、白いタイツ、白またはピンクの靴をお持ちください。トウシューズでもかまいません。普通に考えると白いタイツは膨張色ですが僕が撮影する場合は太く見えないので心配はありません。
    ジャズダンスが得意な方はジャズ系で撮るのをお勧めします。バレー同様にレオタード以外の持ち物としてタイツとシューズがありますが、基本的にご自身の肌色に近いカラー又は少し濃い色のタイツをお持ちください。基本的な考え方としては顔、胸元、脚のカラーをそろえることでハーモニーが生まれ美しく仕上げることが可能となります。但し理論的に少し暗めのタイツの方が脚が細く見えることになります。
    靴はダンスシューズ、ジャズシューズで構いません。多少ヒールが高い方が有利と言えます。

  4. ポーズ
    ポージングによりあなたが気になっている個所をフォロー出来ます。たとえば「太もも・ふくらはぎ」が気になる方は少なくありませんが、最も細身に写るポージングを幾つかアドバイス致しますので、順番にやってみましょう。フィットするポーズが必ず見つかります。
    他に気になる個所として、ピップ、肩幅、ウエスト、下腹、頭、など気になったとしてもフォロー出来ますので心配ありません。
    今まで様々な方とコラボ(撮影)しているのでポージングのストックは頭の中に沢山あります。


【ポージングについて】
ビリーエリオット、ピューロランド共に写真審査は厳しいと予想しているため、攻めのポージングで行きたいと思います。攻めと言っても変わったポーズをするのではなく、オーソドックスで美しいポーズを完璧に出来るようにします。

体の柔らかい方が多いので問題なく出来ると思います。但しオーディションとして(オーディション写真・宣材写真として)勝ち抜くためにポージングしますので、基本的は楽しいと思いますが「きつい」と思われる方もあるかもしれません。しかしそれだけの結果がでるので、仕上がりを見ると納得して頂けると思います。

スタジオに来られる前に柔軟運動をすると良いでしょう。スタジオでも着替えてから多少できますが、広くないので大きな動きは難しいと思います。

以上の準備と対策をすることにより、たとえ写真審査が厳しくてもイイ感じに行けると思っています。

関連人気ページ