ストレートロングヘアのオーディション写真・宣材写真の撮り方

著者:フォトグラファー タツヤ

ストレートロングを美しく撮りたい・そんなオーディション写真・宣材写真

綺麗な黒髪は日本女性を象徴する美しいヘアスタイルです。俳優さん、モデルさんそして萌え系の声優さんにも人気のあるヘアスタイルです。
このロングヘアですが気をつけて撮影しないと「ただの重い髪」に見えてしまいます。特にバング(前髪)が長くて、多い場合は注意しています。

重く見せないためには「ライティング」がカギを握ります。特にトップからの光が仕上がりを左右します。十分な光量を確保することにより「天使の輪」が作られ、こうすれば光の作用で軽やかに見えることはもちろんですが、髪の一本、一本が分かるようになり動きがつきます。

このようにできれば黒髪の美しさが表現できます。逆に言うとこのライティングにしないと重苦しい印象になってしまいます。

もう一つ大切なロング(&セミロング)スタイルの撮影ポイントですが、首のまわり、胸元におくれ毛が数本「まとわりつく」と清潔感が失われます。このようにならないために十分な神経を使わないといけないのですが、撮影中ヘアスタイル確認をヘアメイクさんだけに任せている場合(カメラマンに見る余裕のない場合)、仕上がり後まで気がつかず、結果そのまま仕上げているフォトスタジオもありそうです。

この様にならないようにするのはカメラマンの役割ですが、「モデル」さん自身で防ぐことが多少ですが可能です。それは撮影場所に着いたら下を向いたり、「あいづち」を打ったりしないことです。コミュニケーションでは「はい」など声だけで答えるのがベストです。