左右の顔は異なる|オーディション写真|宣材写真スタジオ

著者:タツヤ

誰でも左右の顔が違うものです

有名な女優さんやタレントさんでもみんな左右の顔が違うのです。
それを考えればシンメトリの整った顔立ちと、有名女優になることの関係は深くないかもしれません。

一方カメラマン(自分)が宣材写真、オーディション写真を撮影する場合、少なからずそれを頭に入れて撮影に入ります。

それは写真の場合、ドラマや映画と違って静止画なので、じっくりと見つめられ評価されてしまうからです。美人の代名詞として左右の輪郭や顔立ちが同じであることがあります。そのことはデパートにある「マネキン人形」を見るとわかります。ディスプレーとして洋服店のオシャレに着飾った肢体、その端正に整った顔立ちは左右対称で実際の人間よりも小顔に作られています。

その効果で洋服が売れたり売れなかったり。

話を戻しますが、みんなに見せる写真の場合、やはり左右対象に撮影することは重要でしょう。全く同じ方は一人としていないのですが、左右の目の大きさが違っても、斜めに顔を向けてもらえればかなり理想的に撮ることが可能となります。アイプチを使うのも良いと思います。

この場合も撮影ポイントは目です。顔のパーツで「目」のみが二つあるので(眉もそうですが)これを綺麗に表現できれば素敵な仕上がりになります。

こちらの写真は夏から秋にかけてオーディションの多い、ダンス系レオタードの撮影です。彼女は生き生きとして、笑顔が素敵で人を惹きつけます。

劇団四季やディズニーランド、東宝系はいつでも人気のあるカテゴリです。みなさん切磋琢磨して頑張ってくださいね。


著者について

タツヤ administrator