声優・俳優プロダクション・養成所のオーディション写真・宣材写真

著者:フォトグラファー タツヤ

声優・俳優プロダクション・養成所のオーディション写真・宣材写真

2014年最初のオーディションの準備としてプロフィール写真の準備や撮り直し、更新が進んでいます。それは俳優、声優に限られたことではなく、これからモデルに挑戦する、アナウンサー試験を受けるなど数多くの方が連日お越しになります。

そこで今回はどのように撮影すると以前よりステップアップできるかを公開いたします。あるアンケートによると、職業用に限ったことではありませんが写真に手を加える人が増えています。これは修正というよりは背景を合成したり、色を変えたりとお遊び感覚の場合も多いようですが一般の人たちでも加工できる時代となっています。

オーディション写真や宣材写真では加工して「顔かたち」を変えてしまっては何の意味もなさずNGですが、ニキビやしみなどを消すことは効果的です。またその延長上には「しわ」を薄くしたり、クマを消したりとレタッチすることも可能です。このように考えていくと修正で何でもできてしまうように感じますが、まったくできないこともあるのです。

それが「マインドコントロール」です。マインドコントロールとは撮影に向かうモチベーションや感情表現の事でシンプルにいえば「良い表情」を作るコツとも言えます。良い表情は内面からでてくる明るさ、優しさ、楽しさなどの感情で決まるため、技術的な写真加工では表現できません。

そこで今後益々に大切となるのが『イキイキした写真表現』です。

撮影時の「ノリ」(テンション)は仕上がりにも直接影響します。たとえ上手くいかなくても後で修正することはできません。そのために上手に「感情表現」できるように新たなアドバイスを付け加えています。これにより写真が苦手なあなたでもステップアップできるようになるでしょう。

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator