体の正面から撮る宣材写真・オーディション写真のコツ

著者:フォトグラファー タツヤ

体の正面から撮る宣材写真・オーディション写真のコツ

オーディション写真は体のラインを見せることは大切ですが「それ」ばかりではありません。これは『顔』を強調させるインパクトのある撮影方法ともいえ、ボディーラインではなく顔のつくりをアピールする撮り方です。

一枚の写真に対して通常のバストアップより更にクローズアップし顔をより大きく撮ることがあります。写真に対しての顔の面積比が上がるためインパクトが高くなります。特に「目力」が強くなり印象的で、また「唇」の立体感が高まり神秘的(萌え)なイメージも増幅します。

この撮影ではモデルさんはテクニックが必要です。それは顔の魅力を強調させ『クローズアップ』に最適な表情を作り上げることです。イメージ的に言うと目は丸く大きく、口はボリューム感をだし、鼻は美しいシェープを描き、フェイスラインはすっきりさせることです。

そしてカメラマンにもテクニックが必要です。モデルさんに最適なアドバイスを送ると共に呼吸を合わせることです。撮影では目力を強調することはもちろんですが、口、鼻、顎、首、髪、服までも「どう撮ればこのモデルさんが美しくなるか」理解していることが大切です。

もし撮影が苦手な場合はお気軽にご相談ください。またプチレッスンやフルレッスンといった良い仕上がりを実現するサポートプランもご利用ください。

正面から撮るオーディション写真と比較



※先週の目立ったオーディション
日ナレ
マウスプロモーション
ドマーニ読者モデル