カテゴリーアーカイブ 劇団四季オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季 研究生からステップアップする

研究生に応募し徐々に力を付けていく選択肢が有ります。

そこで研究生に応募する際のオーディション写真のポイントを紹介します。

参考にするのは以前劇団四季の一次審査を通過した撮影法です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季 子役オーディション写真

子役のオーディションは大人のオーディション同様に写真審査が重視されます。手持ちのオーディション写真・宣材写真が好印象であれば合格率は高くなります。またプロダクションに所属している場合でもその写真の優劣で仕事の数は変わってきます。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季向けのオーディション写真の撮り方

劇団四季のオーディションでは、ダンサー、シンガー、アクターと分類されますが最も得意とする分野に応募するのがポイントです。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季ミュージカルライオンキング・ヤングナラ向け対策

ジャズダンスやクラシックバレエのレッスンを重ねているとオーディション写真の撮影でもポージングが上手に出来ます。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

どんな子が合格する|劇団四季子役オーディション|一発合格

劇団四季の子役オーディションといえばライオンキング&サウンドオブミュージックです。

そんな中、オーディション未経験のお子さんが、初めて撮影を行い、初めての応募で見事合格を果たしました。
そしてトータル(約)37ステージ出演したそうです。
(因みにプログラム用写真も自分が撮ったオーディション写真をそのまま使用したそうです)
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季 ジャンルによるの服選び

劇団四季は歌、演技、ダンス等が重要なのは当たり前ですが、一次審査にはオーディション写真が大きな力を発揮するのも事実です。

そこでオーディション写真が高評価される上で重要な衣装選びを紹介します。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季 ノートルダムの鐘 オーディション

今年12月から劇団四季の(浜松町)劇場で公開されることが決定となっている「ノートルダムの鐘」ですが、内外からキャスト(出演者)を募集しています。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

ミュージカル・劇団四季・東宝系・宝塚音楽学校・バレエ

バレエ・ミュージカル・テーマパークのオーディション写真や宣材写真に相違点はありますが『美しく・身体のキレをだす』という意味では共通項も多くあります。そこで当スタジオでは劇団四季・東宝・宝塚では「アーチスト性」を、テーマパークでは「アーチスト性+社交性」を大切と考え撮影しています。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

偶然に頼らない撮影術

上手に撮れる時もあるし、上手くいかない場合もある、そんな撮り方をしないのが当スタジオの特徴と言えます。

撮影時に偶然のタイミングを作り「自然な感じを撮る」ことはあるかもしれません。たとえば不意に後ろを振り返ったようなシチュエーションを作り、振り向きざまにシャッターを切るようなことです。この方法は偶然上手く撮れることはあるかもしれませんが、上手くいかないことも多いでしょう。他には沢山お話しをしながら、良い笑顔になった時にシャッターを切る方法もあります。これも上手くいったり、失敗したりとなります。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

劇団四季オーディション写真 一般・研究生|得意な撮影の訳

劇団四季 一般・研究生のオーディション写真 合格対策です。

この時を数か月待っていた方もいらっしゃると思いますが、この機会を逃さず悔いの無い様に全力でチャレンジしましょう。そして楽しく撮影することで素敵な笑顔を表現しましょう。
続きを読む