おすすめのオーディション写真・宣材写真俳優の撮り方

著者:フォトグラファー タツヤ

何が人気の俳優オーディション写真・宣材写真の撮り方なのか


俳優さんやタレントさんの撮り方はその都度変えていますが「真っ向勝負撮り」というのがあります(この言葉自体は共通性はありませんので他の所でお話ししても通じないので注意してください)。

これは顔形をありのままに表現することにより、最も効果的なオーディション写真・宣材写真に仕上げる方法です。「どのように撮るか」ですが顔の各パーツを美しく表現できるアングルを探し、それに合わせてシンプルに撮影するのがベストと言えます。この時モデルさんはアドレナリン(魅力)をだして(でるように頑張って)きらきらと輝くと効果が高まります。これはイメージトレーニングで出来るようになります。(イメージトレーニングはプチレッスン、フルレッスンプランで行います)

「性格や話し方」も考慮して撮ります。これは一次審査を通過して面接審査が行われた時も写真とご本人の違和感がないようにするためです。その意味ではまず一次審査は通過することが目標の撮り方と言えるかもしれません。また一次審査は通過するだろうと予想できるとも言えます。

男女問わずたびたびこの撮影方法を使いますが「人気のオーディション写真の撮り方」といえます。掲載のMさんは話し方も優しい好青年です。服はシンプルなカーキ色のシャツでナチュラル感をだし、髪型はグラデーションボブにレイヤーカットをいれたラブリーなスタイルで笑顔の仕上がりにもマッチしています。

そして面接審査では通過写真のイメージを表現することが大切でしっかりと演技することがベストと考えています。