各々に合わせた宣材写真が人気

著者:フォトグラファー タツヤ

各々に合わせた宣材写真が人気

活動する職業や年齢により撮り方を変えるのがポイントです。

俳優、声優、モデル等の演技者と、エステティシャン、美容家、行政書士等のビジネスプロフィール系では仕事内容や顧客が異なります。

そこでアーチスト系では個性を強く表現することで業界に相応しい人材であることをアピールしています。

たとえば歌手の場合「オーディション写真と音源」からデビューのきっかけを作ることがあります。

そこで宣材写真を通してメジャーデビュー可能性をアピールするのが良いでしょう。

また俳優の場合「演技力の証明」として宣材写真を撮るのでカリスマ性を作るのも良いでしょう。


たとえばに先日撮影した有名プロダクションの女優は、イメージ通りの写真が撮影出来たとでこの女優ぼイメージアップに貢献してくれるでしょう。


一方、ビジネス系では好印象であることが前提です。

これは「笑顔」で撮影することではありませんが、笑わなくても好印象にすることはが可能です。

もし撮影が不安な場合はプチレッスン、フルレッスン等の撮影前練習付きプランをお勧めいたします。

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)