ポーズでステッップアップするオーディション写真・宣材写真の撮影方法

著者:フォトグラファー タツヤ

ポーズでステッップアップできるオーディション写真・宣材写真テクニック

モデルのようにしなやかなポーズを取るためのステップです。

たとえばユーチューブで流れる(読者)モデルのオーディション風景を見ると幾つかのことがわかります。

  1. バストアップポーズが基本
  2. 手のしぐさが重要
  3. しぐさと顔の表情マッチさせる
  4. 全身ポーズはバランスが重要
  5. 上手な人は少ない

応募者の中で「目立つ」ためにはポーズ+雰囲気をマッチさせることです。

バストアップ撮影の場合コツ

沢山のポーズが出来るより得意のポーズを習得しましょう。一つのポーズをかっこよく覚えることで洗練されたイメージを与えることが出来ます。一つ出来たらもう一つ合計2、3ポーズ覚えます。そしてそれらを連続して出来るようにすれば十分です。基本は指定された位置から前後左右に動かないでポーズチェンジすることです。そうすればカメラマンから見ても撮りやすいモデルさんとなることが出来ます。

そして重要なポイントを締めているのが「手」の表情です。手はしなやかさを表すためには格好のパーツだからです。

しなやかさを表現する手の仕草とは

バストアップで撮影する場合、腰、ウエストそして胸元にあしらう場合が多くなります。その中でも特に目立つのが胸元に手を添える様なポーズとなります。多くは髪をさわる仕草となり、オーディション前に練習する事ができます。いつも見ている雑誌を開いて好きなしぐさを探します。そして一つ出来るようになったらもう一つ見つけ、連続して出来るようにします。

最後に全身撮影ですが
大きくゆっくりとポーズチェンジして行きましょう。あせらずに3つ程度のポーズを覚え、それを連続して出来るようにすると良いでしょう。

モデル関連お勧め撮影プラン
『ポーズプラン』
内容:上記に示したポーズを練習します。完璧にすることを考えず撮影に慣れ親しんでオーディションを突破しましょう。


※掲載写真が多いので自分に合ったイメージを探すことができます⇒オーディション写真の撮り方
※断トツの情報量でニーズに合った撮影が可能です
※通過・合格者が多く高いユーザー満足度があります⇒宣材写真口コミ