テーマパーク オーディション写真と服装(ディズニーランド/シー・ユニバーサルスタジオジャパン・ピューロランド)

著者:フォトグラファー タツヤ

テーマパーク オーディション写真で高倍率を突破できる

テーマパークは非現実的な時の流れを忘れる空間

「夢を与えられるエンターテイナーが欲しい」

それがテーマパークオーディションです。

そのオーディション会場では様々な実技試験が行われます。・・ダンス、歌唱力、パフォーマンス、時にはとびっきりの笑顔だったりします。

それは日ごろのトレーニングで培(つちか)われた結果を表現できる場所とも言えます。・・そしてオーディション写真はエンターテイナーとしての魅力をで引き出し、実技審査へと導きます。

ロマンティックなイメージを創作


絶対強いテーマパーク撮影法|全身&上半身

テーマパーク|歯切れの良いポーズと明るい笑顔で快勝

「歯切れを良くする」ことにより体のシェープは美しさを増します。

それは単に脚を長く見せるポーズとは異なり「自身の持てる限りの美しさを表現する」ことになります。バレエ、ジャスダンス、タップなどをされている方はもちろん、未経験者であろうとも効果は期待できます。

それらポージングは単独で見ても、更にはオーディション選考の場で写真が比較されたとしても十分有利になります。

なぜなら「美しさ」を感じる感性は、素人もプロも同じだからです。

体のライン

美しい「凹凸とくびれ」を出します。

その為にポージングでバスト、ウエスト、ヒップの凹凸を上手に表現します。

体にひねりを入れ、躍動感を表現することを忘れてはいけません。

顔の表情

笑顔が第一候補です。

ただ、歯を見せるような大きな笑顔にするかは状況判断しています。・・笑顔>微笑み、となります。

※ポージング、スマイリングのショートレッスンについては本番撮影前のオーディション写真・宣材写真のレッスンで詳しく説明しています。


笑顔、髪型、そして切れ味の鋭いポーズが目を引く



テーマパーク オーディション写真の服装 軽やかに見せる


鮮やかなグリーン&ホルターネックが似合っている



レオタードでの撮影がほとんどです。

その為、体のラインが顕著にでます。

「バランスの取れた体のラインを表現」するためにディテールの組合わせ方が重要です。

ディテールの組合わせ方で良くも悪くもなる

テーマパークの場合「レオタード・タイツ・シューズ」のコーディネートが「ディテールの組合わせ」となります。

ご自分の体形やイメージに合った組合せが出来れば「魅力増のルックス」にすることが出来ます。

  • デザイン
    首周りの開いているレオタードがおすすめです。掲載写真(ベージュ系)のような細いストラップは繊細な感じがします。・・肩幅が広く気になる方はホルターネック、首の長いのが気になる方はハイネックも良いでしょう。

    ハイレグなら脚は長く見えます。

    ※更にレオタードの選び方についてはダンサー『劇団四季・東宝・宝塚・バレエ・テーマパーク』・のオーディション写真・宣材写真のページで紹介しています。

  • 明るい色は軽やかに見えます。濃い色のは強い印象に仕上がります。白や薄いピンクベージュのレオタード(掲載写真参考)で撮る方は少ないので目立つでしょう。
  • シューズ
    ダンスシューズ、バレエシューズ、タップシューズなどがオススメです。
    (但し競技用ダンスシューズ(パンプス)で撮影し、ディズニーに合格後、現在ダンサーとして出演されている方はおいでです)

    タイツと同系色にするのが脚長コーディネートのポイントです。ハイカットよりロウカットの方が脚長効果が高くなります。
  • タイツ
    透明、白、桜色、などの薄い色をオススメします。

    白背景で撮影するため、黒、濃い色、ストレッチの強い光沢のある厚手のタイツ等は細く見えず重い感じを与えることがあります。

※コーディネートで迷った場合、バレエ又はジャズダンス等で「得意なカテゴリの衣装でコーディネートする」のも良いと思います。

バレエ系とジャズ系のポーズをトライしてベストを見つけることも・・



劇団四季・東宝などミュージカル系も含めて応募する方も少なくない

テーマパークと劇団四季や東宝などのオーディションでは異なると思いますが、同じオーディション写真で応募し、全てに良い成績を残しているとの連絡を頂いています。

合格の声はこちら

ディズニー|USJユニバーサルスタジオジャパン|サンリオ ピューロランドオーディション情報

各社のオーディション公開情報ページにリンクしています。


人気撮影プラン


  • プチレッスン・・本番撮影の前に表情・上半身ポーズのレッスンを行う 
    人気NO.1プラン
  • フルレッスン・・本番撮影の前に表情・上半身・全身ポーズのレッスンを行う 
    カメラマンお勧め
  • スタンダード・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・ヘアメイクをチェンジして2つの表情を作る
  • スタジオ&ロケ・・イメージ撮影とオーディション写真を撮る

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator