カテゴリーアーカイブ 宣材写真

著者:フォトグラファー タツヤ

宣材写真とは、そして何が必要か

進級審査、所内オーディションで必要になるプロフィール写真ですが声優業界では「宣材写真」といいます。

その宣材写真とは「自分を宣伝する写真」の意味であり、オーディションに欠かすことは出来ません。

そこで合否を握ることもある宣材写真についてご紹介します。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

宣材写真でイメージチェンジ

オーディション応募で「イメージを変えよう」と考えるときがあります。

理由は現在のイメージを変えて、新しいキャラクターをアピールすることです。

このようにオーディションに応募する際、複数イメージの写真を持っていると便利です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

印象的な宣材写真にする方法|はじめに

宣材写真はジャンル別に適した表現方法があり、俳優は俳優らしく、声優は声優らしくなど基準を元に撮影します。

しかし実際には仕事の範囲や方向性により表現のクロスオーバーは起こります。

それは

  • 俳優とモデルをやっている
  • 声優だけど俳優業もやって行きたい
など複数の職業を行うことです。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

俳優宣材写真の表現方法

芸能界の俳優宣材写真は笑顔とは限りません。

それは魅力には多様性があり、Aさんは笑顔が好き、でもBさんは笑わない顔が好き、などと好みが分かれるからです。

笑顔が良いといわれるCさんは笑顔にし、クールなDさんは鋭い目つきの宣材写真にする。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

透明感を演出する宣材写真

「透明感を出したい」とリクエストをいただき、いったい「透明感」とはなに?・・との疑問が生まれます。

そこで、まず透明感のコンセンサスを取り、共通認識を持ってから撮影することにしました。

その透明感についてご紹介します。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

カタログ用宣材写真の撮影

カタログ・ポスター・チラシ等の写真は長期間使用されても耐えられるように撮影します。

また不特定多数の人が見ても違和感のないことが必要です。

それには、季節感に捕らわれない服装選択と、流行に振り回されないヘアメイクを施ことがポイントになります。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

ビクターの依頼でCDカバー撮影

ビクターエンターテインメントの新人たちの宣材写真を定期的に撮影していた関係でCDカバーの撮影依頼を受けました。

そのディレクターは何人ものアーチストを担当していますが、共に活動していたため全てのアー写も撮影していました。

その為、互いにテイストは分かり合えています。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

パフォーマー・ジャグラー・大道芸オーディション写真

パフォーマーのCONROさん、金髪ノリノリでジャグリングを行います。

今回の宣材写真はバストアップとジャグリングしているアクションです。

プチレッスンプランを選択されたので、表情、動き、アングルを考えつつ撮影に入りました。

40カット程度のテスト撮影後にモニターで確認。

楽しさを伝える表情とアーティストとしての技術力が表現できれば良いと、打ち合わせ後に本番撮影を行いました。

120カット程度撮影しましたが、コーンを空中にバトンで操作している様子が写し出せれば成功です。

物を持っての宣材写真の撮り方

その職業にとって象徴的な「モノ」を持っての宣材写真撮影です。

この写真はパフォーマーがジャグリングで使うバー、コーンなどです。

この他最もご依頼の多い「モノ」は楽器を持っての撮影です。

楽器の場合「持ち方」でオシャレにも野暮ったくもなりますので色々試しながら撮影します。

著者:フォトグラファー タツヤ

宣材写真 カメラマンの撮り方で差がつく

宣材写真も様々な撮り方があります。

今回は全身撮影についてご紹介します。

オーディション用であれば通過、合格できるように、宣材写真であれば仕事が増える様にします。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

男性の宣材写真のポイント

カメラマンとして独立したての頃、大手レコード会社のディレクターと組みよくアー写、フライヤー、CD等の撮影を行っていて、よく男性アーティストを担当していました。

理由はディレクターは男性のディレクションが好きで新人候補の約70%はイケメンでした。
続きを読む