カテゴリーアーカイブ プロフィール写真

著者:フォトグラファー タツヤ

イメージを膨らませたプロフィール写真が良くなるわけ

プロフィール写真はイメージを創ってから撮影すると良い結果を生みます。

なぜならイメージを膨らませることで表情やポーズを上手に取れるようになるからです。

今回ご紹介するのは夕陽をイメージしながら撮影したものです。
続きを読む
著者:フォトグラファー タツヤ

スポーツジムトレーナーのプロフィール写真

撮影衣装のポイント
トップ(上半身)は体にフィットしたモノ、ボトムはフィットした短パン、7分パンツ、ロングパンツ又はゆったりとしたトランクスが人気です。

一般的にインストラクターは上半身が発達し美しい逆三角形を描きます。

そのためシェープを表現できる服装が最適といえます。
続きを読む
著者:フォトグラファー タツヤ

紋つき着物姿の宣材写真を撮影

由緒ある伝統的なカタログ撮影
着物撮影の場合、撮影知識と伝統的なルールを知ることが大切です。

たとえば「紋」です。

紋がある場合、ロゴが見えるように撮影します。

上方から構えて撮影すると紋がいびつな形になる為、カメラに対して平行な位置にします。

表情は微笑む程度で威厳と人間的を表現します。

白黒印刷とカラー印刷の撮り分け

カタログ用の宣材写真撮影

白黒着物印刷 宣材写真


着物の「黒色」は潰れやすく立体感を出すのは難解です。

立体感を演出するには照明効果が最も効果的です。

前方からの光を弱めにしてサイド、又はバックからの照明を強く設定します。

最後の仕上げとしてパソコンの後処理でシャドー部分を浮き上がらせる技法も考えられます。

淡い色の着物の宣材写真

淡い色の着物 宣材写真


淡い色の着物を撮影します。

柄が光の加減で白く飛ばないようにセッティングします。

帯にも同様です。

金色の反射が高いこともサポートします。


著者:フォトグラファー タツヤ

ビジネスプロフィール写真の撮り方

ビジネス用のプロフィール写真もお撮りしています。

ビジネスではB to B、B to Cなどのビジネスユーズに合わせる必要が有ると思いますが、

プロフィール写真においては会社の一員としての紹介でもあり個人単独の紹介ともなります。

そのため「人間味あふれる人柄」を基本に撮影し、また仕事のできる人物としても表現できればと考えています。


ビジネス用プロフィール写真では顧客が中心であるので、出すぎない、目立ちすぎないことも大切です。

ホームページに写真を掲載した場合、新規来訪者に対してwelcomeな雰囲気と、小さな仕事でも大切にできる人柄を表せると良いと思います。

もちろんビジネスにより表現やイメージは変わりますので適宜考え、ご相談しながら進めて参ります。

まや撮影後の「宣材写真仕上げ」により完成度が高くなりますのでお勧めしています。




関連ページ