カテゴリーアーカイブ 歌手 オーディション写真

著者:フォトグラファー タツヤ

大手レコード会社音楽ディレクターと活動

大手レコード会社と数年にわたり、CDジャケット、アー写、宣材写真など新人撮影を担当。
その経験から、音楽業界に沿った仕上がりが可能です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アー写で人気なオーディション写真スタジオ

ポップスなら楽しく、明るく、可愛くが良いでしょう。それには音源だけではなくヘアメイク、ファッション、ポーズにも統一感を出すことが必要です。そんなコンセプトで撮影したゲストのRさんです。

続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アー写で顔にコントラストを付ける

顔に立体感を出すために影を濃く作ることがあります。

そのメリットは骨格が引き立ち「立体的な顔立ち」になることです。

それに対してデメリットは影と光の境目の肌荒れが目立つことです。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アー写も得意なフォトスタジオ

女優、声優、グラビア、タレントの方々に毎日おいで頂いていますが、実はアー写撮影も得意なスタジオなんです。

アー写とは音楽関係のプロフィール写真や宣材写真の事を言います。

今回撮影したMさんは音楽家を志す女性です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

DJのプロフィール写真の撮り方

DJらしいプロフィール写真があるとすれば、掲載写真は少し違うかも知れません。

DJはクラブなどで音楽に乗りながら曲を選択しオリジナルのリズムを打ち込みます。

そのイメージからするとダイナミックで無機質、そして都会的な感じがします。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

ポップス系歌手のオーディション写真

歌手のオーディションは様々な審査基準がります。

筆者のよく知っている大手音楽関連会社では毎月デモ音楽が送られ、良い楽曲がないか一つ一つ聞かれています。

また音源と共にオーディション写真添えられることもあります。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

バラードを歌う声優オーディション写真

楽曲、歌詞、ファッション、ヘアメイク、そして話し方なども統一したイメージ作りをします。

その為、幾つかの基準を定めて撮影に臨みました。

それは

  1. 美しく撮影する
  2. 爽やかではなく、光の濃淡を使い大人っぽくする
  3. 顔のパーツを最大限生かし魅力的にする
等です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アニソン歌手 オーディション写真テクニック

当スタジオでは撮影前にどの様なオーディションに応募するかを伺っています。

そして合格ラインをイメージして撮影に臨みます。

そのため募集に合った仕上がりにすることが可能です。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アー写ばかりを撮影していた経験からアドバイス

カメラマンとしてのスタートは音楽関係者の撮影だったのでアー写にはちょっと拘りがあります。

・・そのころの話からご紹介します。


フリーで仕事をしていた頃は青山にあるビクターのスタジオに打ち合わせに行きました。
続きを読む

著者:フォトグラファー タツヤ

アニソンシンガー募集用写真のコツ

アー写ともいう歌手のオーディション写真・宣材写真ですが、他の業界の宣材写真に比較すると笑顔が少ない気がします。

きっとアーティスト(歌手)の「人柄に影響を受けているため」とも言えますが、何よりリリースする曲のイメージに影響されるからだと思います。
続きを読む