タグアーカイブ 宣材写真

著者:タツヤ

誰でも左右の顔が違うものです

有名な女優さんやタレントさんでもみんな左右の顔が違うのです。
それを考えればシンメトリの整った顔立ちと、有名女優になることの関係は深くないかもしれません。

一方カメラマン(自分)が宣材写真、オーディション写真を撮影する場合、少なからずそれを頭に入れて撮影に入ります。

それは写真の場合、ドラマや映画と違って静止画なので、じっくりと見つめられ評価されてしまうからです。美人の代名詞として左右の輪郭や顔立ちが同じであることがあります。そのことはデパートにある「マネキン人形」を見るとわかります。ディスプレーとして洋服店のオシャレに着飾った肢体、その端正に整った顔立ちは左右対称で実際の人間よりも小顔に作られています。

その効果で洋服が売れたり売れなかったり。

話を戻しますが、みんなに見せる写真の場合、やはり左右対象に撮影することは重要でしょう。全く同じ方は一人としていないのですが、左右の目の大きさが違っても、斜めに顔を向けてもらえればかなり理想的に撮ることが可能となります。アイプチを使うのも良いと思います。

この場合も撮影ポイントは目です。顔のパーツで「目」のみが二つあるので(眉もそうですが)これを綺麗に表現できれば素敵な仕上がりになります。

こちらの写真は夏から秋にかけてオーディションの多い、ダンス系レオタードの撮影です。彼女は生き生きとして、笑顔が素敵で人を惹きつけます。

劇団四季やディズニーランド、東宝系はいつでも人気のあるカテゴリです。みなさん切磋琢磨して頑張ってくださいね。


著者:タツヤ

俳優 オーディション 東京(日本)で活動するための条件は?

海外から来日され日本で俳優活動やアナウンサー、キャスター活動をする方が増えています。
私の記憶ではその代表の一人として「サヘル・ローズ」さんなどは日本でテレビ、映画(たしか?)で大活躍していますネ。
今後は更に外国人の方のシェアが高まり、芸能界に新風を吹き込んでくれると楽しいと感じます。

と、前置きはこのくらいにしてここでは外国人の方が日本で活躍するための必須条件を考えてみました。

それは日本語が話せることに尽きると思います。
特にタレントではなく俳優になるのであれば「標準語」をシッカリ習得し日本人より綺麗な日本語が話せると良いのではないでしょうか!

本日撮影したお嬢まさは、まさに完璧な日本語でびっくり。
お名前も日本名なのでメール予約時外国人の方とは思いませんでした。しかしスタジオでお会いしてびっくり。あれだけ綺麗な日本語を話せる方がいるなんて・・・。

さらにサヘルローズさんのように眼差しがイキイキとしていて見るものを魅了します。テンションが高いところもイイですね。



撮影のセンスもばっちりですね。
表現力が豊かで様々な表情を演出してくれます。俳優 オーディションでは「顔」の表情力は特に大切です。無論、オーディション写真や宣材写真でも「イキイキした眼差し」に勝るものはありません。

そして目の輝きと同じくらい目立つのが「口」の表情です。皆さんいろいろな口の形をしていますが、撮影で大切なのは、まず、口角を上げることです。

これは口の形に関係なく誰でもできますので鏡を見ながら練習してください。特に撮影の前には筋肉をほぐず意味でも重要な顔の運動です。

著者:タツヤ

養成所内のオーディション

養成所では定期的に内部オーディションが行われます。審査員は養成所の関係団体で合格すると卒業を待たずして芸能界にデビューするチャンスが貰えます。

この卒業前にデビューできるシステムを採用している場合とそうではない養成所がありますので入所の際に調べてみると良いかもしれません。

この内部オーディションは入所2年目ころから行われる場合が多いですが、中には1年目から応募できる場合もあると思います。実力を試すいい機会でもありますので積極的に参加しましょう。

外部のオーディションに比較すれば競争率も下がりますが、簡単で合格できないので「気合」では負けないようにしてください。

やはり初めてのオーディションは緊張するので、何回が受けてみて「なれる」ことも大切です。

その意味では気軽に受けてみるのも良いと思います。精一杯チャレンジして悔いを残さないようにしましょうね。

著者:タツヤ

パフォーマーの宣材写真・オーディション写真

パフォーマーのCONROさん、金髪ノリノリでジャグリングを行います。

今回の宣材写真はバストアップとジャグリングしているアクションです。

プチレッスンプランを選択されたので、表情、動き、アングルを考えつつ撮影に入りました。40カット程度のテスト撮影後にモニターで確認。
楽しさを伝える表情とアーティストとしての技術力が表現できれば良いと、打ち合わせ後に本番撮影を行いました。

120カット程度撮影しましたが、
コーンを空中にバトンで操作している様子が写し出せれば成功です。

※パフォーマーとして活躍するコンロさんの宣材写真


  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる

著者:タツヤ

オーディション写真・宣材写真の撮り方・コツを公開中

オーディション写真・宣材写真は必ずテーマを持って撮影しています。各々の写真下の「タイトル」に主となる撮影ポイントを記述しています。撮りたいイメージの写真をクリックすることで詳細ページにジャンプすることが出来ます。参考にしてください。

クラシックバレー

レオタードで撮影

四季 ヴォーカル

ミュージカル ヴォーカル

ミュージカル ヴォーカル

劇団四季 ヴォーカル

笑顔のオーディション写真

爽やかオーディション写真

目力が強い

女優宣材写真

初めての撮影

オーディション突破

フレッシュな宣材写真

劇団四季 オーディション

オーディション写真のメージ

ミュージカル・俳優

声優系オーディション

俳優・声優オーディション

所内オーディション

宝塚音楽学校

真空管ドールズ

新規or進級オーディション

スターダスト

可愛く撮る方程式

アニー・くまの学校

爽やかに撮る

声優アワード

ミュージカル系

アニー・アニーズ・子役

ミスコン

俳優・声優オーディション

笑顔を可愛く見せるコツ

写真でリードできる

真面目で爽やかに

士業のプロフィール写真

ビジネスプロフィール写真

音楽家・演奏家

劇団四季 子役

子役のお勧め撮影

俳優・声優撮影の感想

バレーのオーディション・宣材

イメージチェンジ

笑顔より印象的に

劇団四季ヴォーカル

シグマセブンなど

81プロデュース対策

爽やかなコーディネート

ジャンルによる撮り分け

テーマパーク・四季

笑顔にしないコツ

ツインテールでキメル

インパクトを作る

声優養成所向け

爽やか系男性

リズムで撮る方法

劇団四季合格のポイント

リクエストベスト5

ミュージカル・ダンサー

バリエーション豊富

小学生オーディション写真

個性重視

緊張しても大丈夫

可愛いオーディション写真

ストレートロングの髪形+笑顔

上品に正統派にまとめる

丸顔を細くみせる

『宣材写真仕上げ』とは

インパクトのある写真

特徴を生かして印象的に

アイカツしよう

美人に撮る方程式

ポーズでステップアップできる

東宝ミュージカル

中学生以下の撮影

宣材とオーディション写真の違い

モデルになろう

俳優は深みを演出

正統派イメージ表現

透明感を演出する

子役ミュージカル

礼儀正しいオーディション写真

眼差しで印象的にする

笑わない宣材写真

爽やかで強い写真

ニューヨークオーディション

美少女の撮り方

モデル宣材写真

ダブルコンセプト

眩しい俳優宣材写真

全身撮影のコツ

子役宣材写真の撮り方

ミュージカル

ミュージカル宣材写真

モデル宣材写真

カッコイイ写真

ターゲットを絞ろう

各々に合わせた照明

笑わない表情の作り方

歌手オーディション突破

歌手オーディション写真

男性撮影も得意

ダンサー+女優

声優アワード新人発掘

声優専門学校

小学生ミュージカル合格

自然を演技する

劇団四季 ヴォーカル

劇団四季 ダンス

女優的に撮る声優

女優の表現力

声優妹キャラ

国民的声優グランプリ

声優アーティスト育成

声優歌手ユニット

ミスユニバースを勝ち抜く

今までとは違う宣材写真

俳優宣材写真

美しく撮るコツ

強めのミュージカルの撮り方

人気のある撮り方

バラード歌手を撮る

個性派歌手の撮り方

攻めのオーディション写真

目力は強調できる

自然光+人工光

クール+ラブリー

推薦写真のメリット

最強のオーディション写真

トレーナーの撮り方

正面撮りのコツ

妹キャラの表現方法

ロングヘアの表現

ポップス系 アー写

音楽家のプロフィール写真

ポップなオーディション写真

子供のバレー・ダンス

驚きキレイに撮れる照明効果

スーツをカッコ良く撮る

だんだん上手になります


オーディション写真は倍率の高い募集であっても通過できるように撮影します。一次審査にはたいてい写真審査がありますが、この写真審査を通過して初めて台詞、歌、演技などを表現するチャンスが巡ってきます。その意味では「審査を突破」するための写真といっても良いでしょうね。具体的な撮り方は各ページに掲載していますので、ここでは「イメージ作り」についてお話しします。
オーディション写真の撮り方で大切にしているのは以下の3つです。

  • 動く
  • 笑う
  • 遊ぶ

これが出来るようになれば「イキイキ」とした仕上がりが期待できます。動きながらポーズすることによりリズムが生まれ自然な表情になります。 笑う事により「人」に好かれます。(Happy Smile)(笑わない写真も撮りますが)遊ぶことで楽しくなります。遊ぶとは少し童心に戻る感じです。こうやって項目に挙げると難しそうですが、カメラマン、ヘアメイクとのコラボレーションで皆さんできるようになるのが素晴らしいです。

「オーディション写真の撮り方」意外にも 撮影するときの服の選び方「服装アドバイス」ヘアメイクの準備など「ヘアメイクついて」どんな撮影プランが良いか「撮影プランについて」・なども参考になると思います。


お気軽にお越しください。

ショートヘアでフレッシュに

スタジオ&ロケ×4

顔の魅力を引き出す撮り方


  • プチレッスン・・本番撮影の前に表情・上半身ポーズのレッスンを行う人気NO.1プラン
  • フルレッスン・・本番撮影前に表情・上半身・全身ポーズをレッスンするカメラマンお勧め
  • ダブルコンセプト・・ヘアメイクをチェンジして2つの表情を作るプラン
  • スタンダード・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • スタジオ&ロケ・・イメージ撮影と宣材写真(オーディション写真)を撮る贅沢プラン

著者:タツヤ

モデルブック撮影・俳優・声優・ダンサー・アーチスト対応・・オーディション写真・宣材写真の特別プラン

一人のモデルさんで数々の違ったイメージを作り上げるのが『ブック撮影』です。
3パタン変更が可能で、ヘアメイクを変更することもできます。


※詳細は各画像をクリックしてください








撮影前にどんな表現をしたいか、何パターン撮るかを決めます。
今回は3つのバリエーションです。
上段掲載はオーディション写真・宣材写真にも使用できそうなシンプル・ヘアメイクです。
”不思議の国のアリス”を意識しています。

中段は肌の綺麗なモデルさん(お客さま)に合わせて透明感を表現しています。
イメージバリエーションを増やす場合のお勧めの撮影です。
またリボンを付けなければ宣材、オーディション写真としてもいいですね。

下段の写真は、ダンディーな香り漂う、ちょい悪なイメージです。ミュージシャン、モデル、タレント用に良いと思います。

全体的には「少女風とボーイッシュ」でメリハリを付けで撮影することによって、あなたが変化する面白さを伝えられます。

※掲載は同じモデルさんです


その他の人気撮影プラン
  • プチレッスン・・本番撮影の前に表情・上半身ポーズのレッスンし行う人気NO.1プラン
  • フルレッスン・・本番撮影前に表情・上半身・全身ポーズをレッスンするカメラマンお勧め
  • ダブルコンセプト・・ヘアメイクをチェンジして2つの表情を作るよくばりプラン
  • スタンダード・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • スタジオ&ロケ・・イメージ撮影と宣材写真(オーディション写真)を撮る贅沢プラン

著者:タツヤ

オーディション写真・宣材写真はポーズと服の関係が大切



全身撮影のポイントはスタイルをキレイに見せることも大切ですが、ポーズと服から感じるイメージ作りが重要です。カメラマンが指定する古臭いポーズや無理やり取らされた不自然なポージングなら「やらないほうがイイ」場合もありますね。せっかく綺麗に撮ったオーディション写真でもポーズと服がミスマッチでは評判の良い仕上げにはなりません。

どうすれば自然でいい感じのポーズができる?

カメラマンのアドバイスは少ないほうがいいですね。でも実際はアドバイスがないと、どのようにポージングするか分かりません。以下の撮影ステップで撮るとカメラマンの指定は最小限ですみ、自分にあった自然なポージングになります。

【実際の全身撮影ステップ】

  • 初めはアドバイスなしで左右どちらか向きやすい方向を決めます。
  • 次に何でもいいので自由な恰好(ポージング)をして貰い何枚か撮影します。
  • 少し撮っていくとお互い感じが掴めるので、そこからポーズアドバイスをします。




全身の撮影で大切なのが立ち方や、重心の置き方です。
その次に目立つのが手の使い方、手のポーズです。
カメラマンがポーズを指定しすぎると「ぎこちなく」なります。
そこで大切なのが自主的に動いてポーズを取ることです。
状態を前に倒したり、後ろに引いたりとしているうちにスタイル良く写ります。
ワンカットずつ少しだけでもポーズを変えます。
動いている間に、気分ものってきます。そうすると更に良くなります。

  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる

著者:タツヤ

表情撮影に神経を集中 オーディション写真・宣材写真



動きながら撮影することを推奨していますが、大きなポーズなしで撮影しました。
モデルさんの性格、芸能界の方向性も考慮しました。
特に今回は服の形もファジーな感じだったのでやさしく撮るのを心がけました。
髪の分け目によって左右の表情の違いが鮮明で顔の向き、髪型は注意しています。
撮影後半はほとんど左前にして表情を貰いました。

  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる

著者:タツヤ

自信に満ちた声優宣材写真 オーディション写真





人気の声優さんはイメージ作りお上手です。
アニメや映画の吹き替えなどはキャラクターのイメージを掴むのでしょうね。
宣材写真、オーディション写真でもそれは同じことです。
撮影の場合は声優、俳優としての自己表現になります。
自分を演じる難しさはありますが、イメージ作りにチャレンジしてみましょう。

  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる

著者:タツヤ

イメージチェンジした男子声優宣材写真オーディション写真





表情と雰囲気を変えると個性が違って見えます。
爽やかだったり、カッコ良かったりします。
声優学校の授業では教えてくれない宣材写真のポイントです。
デビュー後には取材などありますからイメージ作り出来るようにしましょう。
写真撮影はイメージ作りから始まります。

  • プチレッスン・・・本番の前にレッスンしながら練習撮影を行う、人気NO.1プラン
  • スタンダード・・・ヘアメイクあり、上半身、全身を撮るベーシックプラン
  • ダブルコンセプト・・・2つのイメージを撮る、アナウンサー+歌手など
  • スタジオ&ロケ・・・モデルのコンポジットなどに最適、沢山の魅力がだせる
  • チェンジイメージ・・・ヘアメイクを中心に考えたプラン、2種類の顔に仕上がる