女優 オーディション写真

俳優 正面顔の魅力 4選

俳優 正面顔の魅力をアピールしよう

俳優になるなら初めにマスターしたいのは正面から見た顔のつくり方です。

プロダクションに所属している女優の宣材写真で最も多いのは正面から撮影した顔です。はっきりとした理由は分かりませんが正面から撮る良さはいくつもあるのでそれをご紹介します。

正面顔は魅力の宝庫

俳優 正面顔の魅力

  1. 正面から見た顔が最もインパクトがある
    顔の印象を決めるのはです。そして正面顔が最も” 目が強調 “され見た人の脳裏に焼き付きます。
  2. 顔を覚えて貰う為
    顔を斜めから横顔に近い角度で撮影すると” 都会的なイメージ “になりますが、インパクトは弱くなり印象に残りません。なぜなら顔の角度同様に「目」も斜めになり顔のフォルムが掴みにくいからです。
  3. 演技力を見せる
    良い表情を見せるならやはり正面顔です。笑顔にしろ、真顔にしろ、カメラを真っすぐに見た顔は人を魅了します。
  4. 正面撮りは自信の表れ
    正面から撮る顔はごまかしが利きません。” 正面から撮る顔が良ければ横顔も良い “と判断されるのです。たとえば容姿端麗と唄う” 宝塚の受験写真 “は正面からと指定されています。更に影を付けないようにと原則もあります。
”どのアングルから撮ると良くなるかカメラマンとしての経験で見極めます。”

正面顔なら笑顔、真顔どちらでもOK

声優宣材写真 撮り方

特に俳優の宣材写真は笑顔が必須ではありません。魅せられる「正面の顔」であればどんな表情でも良いのです。但し顔立ちより「爽やかなイメージ」を強く訴えるなら笑顔もありです。それは笑顔を見た人を幸福な気持ちにさせるからです。

”良い表情には良いファッションが欠かせません。あなたに似合う服装コーデを紹介。”

まとめ

正面顔が良ければ他の全てのアングルで良い表情が出来るのです。もし正面撮りをマスター出来れば自信を持って良いのです。

WEB予約・24時間365日