劇団四季 オーディション写真 高合格率

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

劇団四季 オーディション写真 研究生(一般)|合格テク

劇団四季 研究生(一般)のオーディション写真 特選合格テクニックの紹介です。

この時を数か月間待っていた方もいらっしゃると思いますが、このチャンスを逃さず(悔いの無い様に)全力でチャレンジしましょう。

そしてこの記事のステップを踏めば ” 高い確率でオーディション一次審査に合格できる ” と確信しています。

・・応募は好きなカテゴリを選択しエントリーします。

それらは、演技・ヴォーカルポピュラー、クラシック・ジャズダンス・クラシックバレエなどです。

<<infomation:ガッツリ合格を頂ております ” 合格の声 ” ・・だから、九州、奈良、長野(2019/9のみ)など遠方からのご来店を頂いております。>>

合格のポイントとは

基本的にポテンシャルの高さを表現することがオーディション合格への道と考えています。

それには練習を重ねて身に付けた実力を発揮することです。

その実力を発揮できるよう「T.S 新宿スタジオ」は ” エントリー事に作り上げるイメージを適宜変化させ写真審査合格の道を引き寄せよう ” と考えています。


緊張感がアドレナリンを引き出し実力を超える

アドレナリンとは実力以上の力を発揮する源です。

” 緊張感がアドレナリンを引き出し躍動感が増します ”

撮影は緊張しますが、実際、緊張しているくらいの方が良く撮れるのはその為です。

様々な ” おしゃべり ” をしながら撮影するのでいつの間にか緊張感を忘れてノッテいる自分を発見するかもしれません。

” イイ感じに撮れるので安心していらしてください ”(カメラマン談)

男性も沢山撮りに来られます。

演技


TS新宿スタジオで撮影した沢山の方が・審査通過・合格・出演など様々な現場で活躍されています。
現在キャッツに出演している現認




ジャズダンスvsクラシックバレエ

ケーススタディー1|シンプルに美しく表現する

シンプルな撮影手法がアーティスト性を強調する





劇団四季 バレエ





クラシックバレエ





アラベスク|2018年撮影





ケーススタディー2|ポテンシャルの高さを表現する

ポテンシャルの高さが凄い


ポテンシャルの高さを引き出すことに集中して撮影にあたります。
普段以上の自分を表現しましょう。



レオタード、タイツ、ヒールシューズなければジャズシューズ


従来のライティングから改良した更にメリハリのあるライティングにより(2019年から採用)スタイルは劇的に向上しました。



アチチュードをジャズ風にアレンジ/2019





開脚された脚のストレートライン・上半身の反りがポイント





背筋のライン+股関節の柔軟性





ジャズダンスvsクラシックバレエでのイメージ作り

まず『ジャズダンスとクラッシックバレエ』の撮影法をご紹介します。

ジャズはモダン、バレエはクラシックを基本として考えています。

モダンダンスは躍動感(イキイキとして動きを感じる)、クラシックバレエは優雅さ(気品と柔軟性)を引き出したいと思います。※クラシックバレエ詳細

レオタードでの撮影ですので「体のライン」がそのまま出ますが、撮り方により「切れ味は劇的に変化」します。

それが躍動感、優雅さに繋がりますので、しっかりとポーズアドバイスをしています。

レオタード、タイツ、シューズの選び方

ポイントは顔の表情と手、足、体の位置と重心(体幹)で構成されるポージングです。

実行すれば例外なく、ウエストのくびれ、腰高、しなやかな脚、手の美しさ、首から肩にかけてのラインが向上します。

またパーツとして、太もも、ふくらはぎを細く、脚を真っ直ぐに見せるなどが可能です。

これらはダンスやバレエの経験があれば比較的出来るようになります。



ジャズダンス





男性:オーディション写真が大きな力を持つ


ジャズダンス・バレエ エントリー衣装のヒント

ジャズダンスの衣装
” レオタード+タイツ+シューズ ” 又は ” トップス+ジャズパンツ+シューズ ” 更には ” トップス+レオタード+レギンス+シューズ ” もあり得ます。

シューズの色はベージュか黒がお勧めでレオタードの色で判断します。ポイントはタイツと同系色にし脚長に見せることです。もともと長い場合はどちらでもOKです。

レオタード、タイツ、ヒールシューズなければジャズシューズ


体にフィットしたトップス+ジャズパンツ+ジャズシューズ


上記のようにトップスがショート丈になれば活発なイメージになります。

バレエシューズ
バレエシューズはポワントをお勧めします。無ければ練習用のシューズでも可能です。

タイツの選び方

膝が分からないと脚が ” のぺっー ” とする(写真提供:無料ac)


タイツは薄すぎず、暑すぎずです。膝、くるぶしの形状が分かる厚みを基準としてください。勘違いしやすいのが「厚めストレッチ素材のやや光沢あり」で、脚が ” のぺーっ ” として細くみえません。



ヴォーカルポピュラー&クラシック・演技

抑えめの表情でもメッセージ性は低くない


あなたに合わせた撮影法で個性を引き出す





エントリー 演技


演技|2018年撮影





クラシックヴォーカル





クラシックヴォーカル





ヴォーカルポピュラー



ヴォーカルポピュラー&クラシックor演技でのエントリー

上半身写真に重点を置いて撮影しています。

” 顔立ちの美しさ” 又は ” 天使の様な笑顔 ” を表現するために、左、右、斜めとベストアングルを探します。それは個人により”右からアングルが印象的”、”左からの撮影がバランスが良く見える”、などと異なるからです。

しかし最も重視しているのは「感情の表現力」です。

そのため感情が出しやすいように適宜アドバイスをしてます。

全身用の服はアンサンブル又はワンピースでも大丈夫です。

コーディネートのポイントはご自身のキャラクターに合っていることです。


基本的コーディネート術

ハイウエストのワンピース・トップスをショート丈にする・ひざ上のスカート・ウエストをすっきりさせる・薄手の生地・などをチェックしてください。(何点かお持ち頂ければ一緒にお選びいたします)

靴はパンプスハイヒールを基本お勧めとしていますが、夏っぽいカジュアル感を出したい場合はウエッジヒール(つま先は低くかかと部分が高い)でも大丈夫です。

2019年8月~9月撮影一部掲載

バレエ


バレエ 全身


ジャズダンス


ヴォーカルポピュラー


ヴォーカルクラシック


ヴォーカルクラシック 全身


ジャズ


演技


演技 全身


ヴォーカルクラシック


ヴォーカルポピュラー


ヴォーカルポピュラー


ヴォーカルポピュラー


ジャズダンス


バレエ





2018年12月~2019年1月撮影一部紹介

ヴォーカル ポピュラー


ヴォーカル ポピュラー全身


女優の雰囲気がある


劇団四季 オーディション写真





2017年9月~10月一部紹介

微笑み|書類審査でも絶対強い=人を魅了する


全身写真も重要な要素になる





ヴォーカルポピュラー





ヴォーカルポピュラー


ウエストサイドイメージ





ヴォーカルクラシック


胸元がゴージャスでGOOD





人懐っこいキャラクター





男性:クール系がオススメ





笑顔のインパクトが凄い





目の輝きが美しい





男性の白服もオススメ





ストーレートなポージングなら切れ味鋭く





視線の向こうに夢が見える



素敵なミュージカルポーズ





” 四季 合格を掴む撮影法 ” まとめ

いきなり表情やポーズの指定をすることはありません。なぜなら「個性を見極めながらアドバイスしたいと思うからです」。

次項が ” 合格を掴むための全ステップです。 ”

必要な要素を集大成して合格を掴む

プロセス1|照明のセッティング
お会いした後 ” 顔立ち ” に合った照明のセッティングを始めます。(この間ユーザーはメイク中です。)

プロセス2|上半身撮影ステップ
  • 自由に表情を作ってください
  • 自由にポーズを取ってください
  • 表情に気持ちを込めて見ましょう
写真映えするように適宜アドバイスを行います。

プロセス3|全身撮影ステップ
  • ポーズを一つ取ってみましょう
必要に応じてアドバイスして行きます。

一般募集のバレエ、ジャズ等個性的又は難しいポーズがあればイメージ写真をお持ち頂いて構いません。

プロセス4|仕上がりの選別
仕上げは撮影した全てのカットから2枚の応募用写真を選ぶことです。このプロセスは最も大切で良い感じに撮影しても「写真チョイス」が間違っていると今までの努力が台無しです。失敗を避ける為にカメラマンが適したカットを何枚か選別し、最終的にユーザーと共に決定して行きます。

一般か研究生か迷っている方へ

どちらに応募するか迷っている方は撮影当日ご相談ください。非公開の情報をお伝えします。




※当スタジオは皆さんの活動を応援します



関連ページ


WEB予約・24時間365日



この記事を書いた人

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら

この記事についてご質問受付中(全て入力/メルアドは非公開)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください