宝塚音楽学校 オーディション写真

宝塚 願書 写真で必勝 / 15秒が勝負 / ショートレッスンで克服

宝塚 願書 写真に容姿端麗を埋め込もう

我々が日ごろから行っているオーディション写真の撮影法を踏襲すれば ” 宝塚 願書写真を更に高みにする ” ことが可能です。宝塚的 美の表現は日ごろ行っている撮影の一部であり ” 正しい指導とコツを掴めば誰もが出来る ” ようになります。但し、簡単に出来るケースとそうではないケースはあります。それは顔のディテールの違い、つまり口や目の形が異なるのが原因です。特に口元は同じ方法で誰もが美しい口角を創ることは出来ません。それは生まれつき「口角が上がっている」など人それぞれだからです。


しかしくじけることはありません。宝塚は合格者の掲載を禁止しているのでお見せできませんが、正しい知識があれば” 誰でも目力に溢れ、きゅっと上がった口角を創ることが可能 “です。

宝塚音楽学校合格 -Mさん- 宝塚 写真審査合格2021 -M.Hさん-

印象的な顔とスタイル抜群に撮れました。ありがとうございました。※写真掲載は一切禁止されています


宝塚音楽学校の願書写真の肝

願書写真の可否は15秒で決まるといわれています。

” なぜそんな短時間に決められるのか ”

それは審査の基準が明確だからです。逆にいえば” 審査の肝を抑えれば受験写真で良い得点を取ることが出来ます。
短時間で良し悪しが決められる訳

顔写真の撮影では沢山のシャッターを切りますがパソコンで「良い写真」を選ぶのにそれほどの時間は掛かりません。いい加減に選ぶからではなく「良い笑顔のかたち」が分かっているからです。BESTな写真は短時間で判断できるのです。




宝塚 願書 写真
写真はイメージで実際の撮り方とは異なります

美しい願書写真にするための必須事項

端正な顔立ちは生まれたときに決定されますが、それとは別に創り上げることも可能です。それは魅力ある笑顔です。実は ” 笑顔は端正な顔立ちを上回る魅力を持っている ” と理論的にも証明されています。

1.良い笑顔の要素とは

良い笑顔には二つの要素が必要です。一つは物理的な美しさ、もう一方は心理的な美しさです。この二つを克服して初めて良い笑顔といえるようになります。

物理的な美しさとは見た目の美しさを創るテクニックで ” 目力をつけて、口角を上げる ” といったことです。一方心理的な美しさは目や口の動きに合わせて ” 気持ちを込めること ” です。印象的な表情は「審査員の手を止め、立ち止まらせる」ことに繋がります。
良い笑顔へ / ショートレッスン

目を見開いて、口角を上げるトレーニングを行っても撮影で上手に行うのは難しいものです。それはスマホや鏡を見て行うのと、カメラマンのカメラレンズを見ながら行うのは違うからです。それを可能にするのがショートレッスン付きプランです。プチレッスン、フルレッスンをそれぞれ準備しています。詳細は下部の「まとめ」ご紹介します。

2.髪型 / ヘアスタイルを見極める

シンプルで品の良い仕上げが良いでしょう。ストレートヘアを基本としアクセントとして前髪をアレンジします。フルアップで額を出すか、ハーフバングでやや前髪を作るかを決定します。どちらが似合うかで判断します。

3.衣装の選択|レオタードor洋服

レオタードを着て自信が持てるなら良いと思います。レオタードは手、脚、首の長さと太さを明確に出来ます。また利点はウエストを細く見せられることです。一方洋服での撮影は見せたくない個所をオブラートに包みこむことが出来ます。両者の特徴を見極めて選択すると良いでしょう。ご自身で決めかねる時はそれぞれお持ちください。

4.撮影アングル|上半身・全身

指定の範囲内で行いますが少々の角度調節は可能です。

笑顔のオーディション写真
イメージ*

上半身のポイント

  • 上品な顔立ち又は印象的な笑顔
  • 気持がみえる表情
  • みずみずしい素肌感


白い背景
イメージ*

全身のポイント

  • しなやかな体のライン
  • 腰高
  • 手脚の長さ
  • くびれたウエスト
※掲載の写真は宝塚と直接関係はありません。



まとめ

審査で勝ち残る写真は特徴があります。目を大きく見開き、口角を上げている写真とは一線を画します。それは ” 適度な目の大きさがあり、左右の口角のバランスが良く、なにより気持ちのこもった写真 ” です。

良い写真は簡単に出来ないかもしれません。

一つは緊張するからで、もう一つは正しいとトレーニングを行ったかで決まります。

そこで唯一 TS新宿スタジオが行ってる撮影前のショートレッスンプラン・プチレッスンorフルレッスンは緊張と戦う皆さんの強い味方になります。上半身のレッスン内容は、物理的な左右の口角を美しく上げ、適度な美しい瞳を創ること、そして気持ちを込めるコツです。 全身のレッスンは大鏡の前で幾つかのポーズ練習を行い、最も良いポーズを見極めます。” どこを直すと良くなるかご自身の撮影したばかりの顔をモニターに映しながらアドバイス ” します。それは自信をもって本番に臨むことができる下準備になります。

” TS新宿スタジオでは合格されたユーザーを参考にして撮影します ”



合わせて読みたい
宝塚受験 写真 / 合格を決める 8選では「具体的なアドバイス」を紹介しています。是非ご覧ください。

宝塚 募集内容

WEB予約・24時間365日

スタッフと撮影環境