宣材写真 スタジオ

スタジオ設備、環境 & ヘアメイクが充実

おすすめ写真スタジオといえる理由 3選

東京都心のオーディション写真 スタジオとしてオープンする際に理想的な撮影が出来るように ” カメラマンがスタジオ設計 ” を行いました。その結果ユーザーに優しい写真スタジオになりました。ここでは美しくに撮るために行った ” 環境作りのポイントをご紹介 ” します。

1.十分な撮影スペース / スタジオの構造

スタジオスペース
スタジオ平面図

人物撮影に必要な広さ

ユーザーとカメラマンの撮影距離(引き)が ” 上半身なら約3m、全身なら約7m ” あれば撮影に支障はありません。これなら顔立ち、頭身を正しく写真に収めることが出来ます。狭い環境では広角レンズで歪みを作って撮影しなければなりません。

歪みの特徴は ” 近いモノが大きく写り、遠いモノはより小さく写ること ” です。たとえば上半身を撮影する時、カメラが近いと顔が横に広がってしまいます。
スタジオの選び方

十分な広さと高さが良い写真を撮る条件になります。

十分な距離の確保と同様に大切なのが ” 高い天井 ” です。当スタジオは5m確保しましたが、理想的には4m以上、少なくても3m程度はないと柔らかい光を上から打つことが出来ません。 ” 柔らかい光は髪に美しい光沢を生みます。” 照明を十分に当てられないと髪にツヤが生まれず固まりのように重く見えてしまいます。一般的なマンションの天井高で柔らかい光を打つのは難しいのが実情です。

理想的な照明 / 自然光を取り入れた環境作り

大きな窓のスタジオ
図面 H,I

写真スタジオに自然光を取り入れる為には大きな窓を取り付ける必要があります。当スタジオは設計当初より窓について建築家と打ち合わせ ” 壁に大窓を設置 ” しました。更に天窓を取り付けたので通常窓の3倍の光が入り込みます。そのため暗いスタジオや地下では出来ない柔らかい光を生み出すことが可能です。

コンテスト オーディション写真
部屋全体を明るくするとフワッと撮れる

十分な自然光はお肌を美しく、若々しく撮影 ” できます。肌のテカリを抑えマットに仕上げるのが得意な光で、髪、肌や全身までも優しく包み込み透明感を演出します。きめ細かい肌質に見せるので肌にトラブルを抱えていても滑らかに仕上がる特徴があります。また髪の動きを一本一本まで見せることがで出来るので ” 黒髪でも重くなりません。

一人でも大人数でも美しく撮影できる

写真スタジオ
グループ写真も可能

平面で15~20人程度を一度に撮ることが可能でグループ撮影に適しています。背景に白又は黒の布、横幅3m✕長さ6mの布をたらせば音楽ユニットやチアリーダーのグループ写真15名程度まで対応できます。

合わせて読みたい
撮影プラン詳細と価格

2.メイクスタッフが常駐 / 独立したメイク室

メイク室
図面 B / ハリウッドミラーは女性を美しく装います

1階に美容室を併設していますが ” 撮影のヘアメイクは2階の個室で ” 行います。ヘアメイクは服装と並び、オーディション合格のための核になります。ユーザーの8割以上がメイク付きのプランを選択されますが、プロが行うヘアメイクは自分メイクとは異なりクオリティーを上げるなら必須です。

ヘアメイクの疑問、質問

メイク室には女優に人気のオリジナル「ハリウッドミラー」を備えており、ライトの明るさと色を無段階に調節できます。またメイク室は独立しているので感染症対策として有効です。なぜならメイクアップではマスクを外すためユーザー以外の第三者がマスクを外しているとインフルエンザやコロナ対策にはならないからです。またプライベートが完全に確保されるため人目を気にする必要がありません。

3.撮影前に美容室利用が可能

新宿 T.Sスタジオ 
1階 美容室 
※撮影の方は2階 個室でヘアメイクします。


撮影前にヘアーを綺麗にするメリットは沢山あります。また、一日でヘアケア&撮影ができるので時間を有効に使うことが出来ます。更にディスカウント料金が適用されます。

以下は美容室でなければ出来ない施術です。
  • 前髪をカットする
    ブロー、アイロンやカーラーで丸めて、目の上にあげることは可能ですが限界があります。オーディションで前髪が長くて目にかかるのは致命的です。
  • 髪の長さをそろえる
    前から見て左右の髪の長さが違うと、顔や体が曲がって見えます。長さの違いは思っているより頻繁にあることで、美しくヘアメイクするのが難しくなります。
  • ヘアカラーのムラをなくす
    髪は1か月で1~1.2cm程度伸びると言われています。ヘアカラーを行っている場合、新生部(新しく伸びた髪)とカラーしている髪の境目がはっきりと分かれて、目立ってしまう場合があります。
  • 取れかけパーマをかけなおす
    髪が伸びてくると「根本が真っすぐで途中からカール」などと言うことが起こります。こうなると髪の根元にボリュームが出ず、ペッタンコになってしまいます。
  • 傷んだ髪をトリートメントする
    ストレートヘアに仕上げたい場合、傷んだ髪でもトリートメントすると効果が高く「キラキラした髪」を表現しやすくなります。

美容室予約方法

予約はこちら口コミはこちら



まとめ / オーディション写真スタジオのポイント

オーディション写真 スタジオ
オーディションに挑戦する皆さんを最大限サポートが出来る環境を整えました。
私たちの力を振り絞り撮影に当たります。是非、お気軽にお越しください。



合わせて読みたい
オーディション写真の服装

WEB予約・24時間365日