男性 声優 オーディション写真

声優 宣材写真 男こそオシャレに 8選 服装、髪型、ポーズ

声優 宣材写真 男のおしゃれ始めよう

撮影を決めたら何をどう準備するべきかをご紹介するものです。

これはネット上に散見される一般的な記事をまとめたものではなく、スタジオで撮影している経験に基づいた ” リアル ” な情報です。

今回声優男性又は目指す方の身だしなみについて書き下ろすのは撮影時に改善の余地のあるコーディネートを見て事前に「何かできないか」と強く思うからです。なぜなら” 準備を整えれば確実に仕上がりが良くなるから “です。

服装、髪型のセンスを磨く必要性

声優 宣材写真 男
Tシャツ+開襟シャツ

オーディション写真であれば服装、髪型のセンスの良さを見せることは将来性の期待に繋がり合格のチャンスが広がります。またプロダクション用の宣材写真なら仕事取得のチャンスが増えます。

しかし個人でもプロダクションに所属していても、誰からもアドバイスを貰わずに撮影にいたると、いくらスタイリッシュに撮影してもトータル的に質の高い仕上がりにならないことがあります。

幾らでも相談に乗ります

男性声優の見本になるオーディション写真
NO1:Tシャツにシャツで前を開けた若々しいコーデ

そんな時頼りになるのはプロの力です。TS新宿スタジオは服装コーデにも精通しているし、沢山の声優関係に絶えずオーディション写真の服装アドバイスを行ってます。誰に何が似合うか見極める訓練を行うことでコーディネート力が磨かれるのです。

profile オーディション写真の服装アドバイスOKです
カメラマンのプロフィール

服装アドバイス具体例

男性声優は誠実又は少しクールに撮影することが多いです。

それを形にする服装は” シャツ+パンツ又はこれにジャケット “を加えたカジュアル系コーデです。特別なデザインにする必要はなく、ベーシックなデザインを選べは問題ありません。

シャツのメリットは前ボタンなので撮影前に ” 胸元の開け具合を調節できる点 ” です。これなら各々に似合うコーデが出来るのでセンス良くなります。パンツは ” 細身でくるぶしまでの長さが必要 ” です。短いパンツをスタイリッシュに撮るのは至難の業ですから。

服選び、購入時のおすすめ3点

色々見ていると素材の選択が難しいようです。トップスのおすすめは生地はポリエステルの混紡(ポリエステル+綿)です。特徴はさらっとした生地でしわが寄りにくいことです。

上記のNO1のようなシャツの質感は一つの良い見本ですが、おそらくこの生地はポリエステルよりより綿が多く含まれていると思います。それは光沢が抑えめであることで分かります。

男性も参考に出来る声優の身だしなみ、女性ならてっぱん女性向けコーデ

声優 宣材写真 男
NO.2 爽やか系、明るい色のシャツ+Tシャツのコーデ

NO2は明るい色の開襟シャツ+インナーにTシャツをあしらっています。さらっとした生地でしわが寄りにくいのが特徴です。おそらくポリエステルの割合が多いと思います。

声優オーディション写真
NO.3 細めのパンツ

細身のパンツといっても体形に合わせる必要はありますが、NO3のようなフィット感が良いでしょう。

男性声優におすすめのカッコいい髪型3点

男性 オーディション写真
NO.4 髪に空間をつくり軽やかにみせる

ヘアスタイルを決めるのは、長さ、質感、カラーの3点です。短いほど活発に見え、明るいほど軽やかになります。おすすめは短かすぎず、明るすぎずです。

NO.4 はマネしやすい髪型です。ショートヘアで毛先が軽く見えるようにカットされています。この髪型なら様々なアレンジが可能です。

俳優 オーディション写真
NO.5 グラデーションボブ

NO.5はトップにある程度の長さがある髪型でグラデーションボブ+ショートレイヤーカットといいます。髪の美しい流れができるのが特徴です。トップの髪が長いので空気感は抑えめにります。声優ならここまで明るくしなくて良いと思います。

声優宣材写真
NO.6 髪色にもこだわったヘア

NO.6はショートレイヤーカットといわれるヘアスタイルで段差が沢山あるスタイルです。毛先が軽く見えるようにカットしてあり、撮影前のセットが空気感をコントロールできるので重宝します。

男性声優におすすめのカッコいいポーズ

声優オーディション写真
NO.7 後ろ脚の曲げ方がオシャレ

ポーズに関しても個々のイメージに合わせることは大切ですが、NO.7のポーズは男性に人気がありスタイリッシュでお勧めできます。カメラマンからのポイントを絞ったアドバイスで完成度の高いポーズになります。

声優系撮影のワンポイントアドバイス

宣材写真の撮影 宣材写真はベーシックで高い質が求めらえます。プロダクションの嗜好を満足させるようにしましょう。

オーディション写真の撮影 オーディション写真は「こうでなくてはいけない」と明確な線引きはありません。自由に個性を表現して構いません。

まとめ

服装選びはデザイン、色、素材がポイントです。

トップスは明るめの色にしシャツをメインとして ” プルオーバー(かぶりもの)は避け生地はさらっとさせ、 ” ツイード、ニット、ウールを避け ” ます。ボトムズはくるぶしまでの長さを保ち、細身で脚に程よくフィットさせます。

このてっぱんコーデにすれば質の高い宣材写真、オーディション写真に仕上がる確率は上がります。

最善策 上記のアドバイスを読んだ後、スタジオに2、3点服を持ち込んでいただき撮影前にスタッフと共に選ぶといいです。

WEB予約・24時間365日