オーディション写真の服装

オーディション写真の服装で合格を呼ぶコーディネート特集!

最終更新日: 2024-02-28

この特集では、オーディション写真の服装に焦点を当て、適したデザインの重要性について説明します。オーディションで合格を勝ち取るためには、過去の成功者を参考にしながら最新のトレンドや適切なスタイリングを取り入れることが大切です。


-はじめに-

オーディション写真を撮る際の服装には一定の傾向があります。過去のオーディションにおいて合格した人々のファッションスタイルや服装傾向を調査することで、成功の秘訣を見つけることができます。成功したオーディションや宣材写真の服装をみると、自身の魅力や個性が最大限に引き出され、審査員に好印象を与えたことです。



オーディション写真の服装は、なぜ重要なのか!

オーディションの服装は成功への重要なポイントです。適切な服装の選択は、好印象を与え、「合格の可能性を高める」ことができます。一方、NGな服装は逆効果となり、「チャンスを逃す原因」となる場合もあります。ここでは合格者を多数輩出しているプロカメラマンが推奨するオーディション写真の服装をご紹介します。

  1. クリーンでプロフェッショナルな印象を与える
  2. 個性を引き立てるが、極端なスタイルは避ける
  3. 明るく、自信を感じさせる色彩を選ぶ
  4. フォーマルな場合は、きちんとしたスーツやドレスを着用する
  5. 衣服のシワや汚れに注意し、清潔な状態を保つ
  6. 背景との調和を考え、目立ちすぎない色や柄を選ぶ
これらのポイントに留意することで、オーディションが有利にかつプロフェッショナルになります。

T.S新宿スタジオ推薦の審査で実証済み【合格マスターの3シリーズ】:オーディションで有効な撮影術ポージングのやり方オーディションに着ていく服装


着こなしテクニックを大公開!

TS新宿スタジオが他のサイトやスタジオと異なる点は、審査で合格したユーザーの多くの写真をストックしていることです。服装のデザイン、色、ヘアメイク等を分析して得た情報を、当スタジオが撮影した写真を観ながら解説します。



好印象を与えるバストアップの服装7選

オーディションの服装はテーマや役柄に合わせるのが基本です。但し、自分自身に「似合っている」ことが重要です。以下では項目に分けて解説しているので是非参考にしてください。

シンプルさ
オーディション写真 上半身
カラー、ネックライン、スリーブが美しく整っている。

基本的にはシンプルで清潔感のある服装を選ぶことで好印象を与えます。派手な柄や過剰な装飾を避けたデザインを選びましょう。無地や淡色の服、シャツやブラウス、ジャケットなどがおすすめです。

また、オーディションは審査されることが前提なので体型が分からなくてはなりません。体に程よくフィットさせることで、上手に見せることが出来ます。



カラーバランス
オーディション写真の服装
白い服は清潔感や明るさを表現できる。

白は他の色との組み合わせもしやすく、多様なスタイルに合わせることができます。


明るい色やパステルカラーは、ポジティブな印象を与えることができます。自分の肌色や髪の色に合わせた色などカラーコーディネーションに気を配ることで、より印象的なルックを作り出せます。



フィット感
オーディション写真の服装選び
男性も程度なフィット感を推奨。

きちんと体にフィットしていると、よりプロフェッショナルな印象を与えます。


服装は自分の体型に合ったものを選びましょう。自分のボディタイプや骨格に合った服を選ぶと、より魅力的に見えます。また、薄手の服を選ぶことで、より自由な動きが可能となり、軽やかな印象を与えることができます。



ネックラインと袖丈
オーディション写真の顔撮影
スクエアーネックは全身をスマートに見せる効果がある。

首元や袖丈のデザインも重要です。自分の魅力を引き立てるネックラインや袖丈の服を選ぶと良いでしょう。

オーディションでネックラインと袖丈のデザインを決める際には「オーディションのテーマとあなたの個性(体形や顔立ち)」をミックスして考えます。その結果「最適なデザイン」を見つけ出すことが可能になります。

◇体形に合わせた、ネックラインのポイント

  1. VネックやUネックなど、顔の輪郭を引き立てるネックラインを選ぶことが重要です。
  2. 首元にフリルやレースなどのディテールを加えると、女性らしさや華やかさを演出できます。
  3. スクエアネックやボートネックなど、肩幅を強調するデザインは、スマートな印象を与えることができます。
  4. 首の長さや胸元のボリュームを考慮し、バランスの取れたデザインを選ぶことが大切です。


◇最適な袖丈のデザインと長さの関係

袖丈のデザインと長さの関係について以下のポイントに注意してください。

  1. 長めの袖丈は、よりカジュアルでリラックスした印象を与えます。
  2. 短めの袖丈は、より洗練された印象を与えます。
  3. 袖丈は、身長や体型に合わせて選ぶことが重要です。身長が高い場合は長めの袖丈、低い場合は短めの袖丈がおすすめです。
  4. 袖丈が手首の骨の部分に来るくらいが一般的な長さですが、個人の好みやファッションのスタイルによって異なることもあります。
これらに基づいて、袖丈のデザインと長さを適切に選べば、身体の「特徴に合わせる」ことが出来ます。



オーディションのジャンルに合わせる
コンテストのオーディション写真
ミスコンテスト:白で清楚なイメージを作り、フリルで女性のエレガントさを表現。

ジャンルに合った適切な服装を選ぶことも重要です。例えば、演劇オーディションでは、舞台衣装に近い服装が求められることもあります。



テーマに合ったスタイリング
オーディション写真のウエストアップ
ダンスを得意とする動きやすさを表現。

オーディションのテーマに合わせた衣装とは、その主題に沿ったスタイルやイメージを表現する服装のことを指します。適切な、サイズ 素材 色やデザイン、を選ぶことで好印象を与えることができます。

例えば、キュートなイメージを求められる場合は明るい色や可愛らしいデザインの服を選ぶと良いでしょう。一方、クールなイメージが求められる場合はモノトーンやシンプルなデザインの服が適しています。

テーマに合わせた服装を選ぶことで、オーディションの印象をより強くアピールすることができます。



ファッション性
トレンドに注意しましょう。最新のトレンドを取り入れることで、時代感を演出できます。

以上が好印象を与えるバストアップの服選びです。自分が選んだ服に自信を持ち、自然体で表現しましょう。



おすすめのボトムス選びのポイント

芸能界のオーディションでは、清潔感があり、プロフェッショナルな印象を与えることが重要です。一般的には、シンプルできれいなデザインのスラックスやスカートが良い選択です。落ち着いた色合いや無地のデザインが、専念している印象を与えやすくなります。

スカートの選び方

オーディションに適したスカートのデザインとスカート丈の関係は、以下のポイントに注意してください。

  1. スカートのデザインは、身体のラインを引き立てるものや脚の長さを強調するものが良いです。
  2. スカート丈は、個人の身長や体型によって異なりますが、一般的には膝上やひざ下の長さがオーディションに適しています。
  3. スカートの丈が短すぎるとプロフェッショナルさを欠くことがあり、逆に長すぎると動きにくくなる可能性があります。
  4. ダンスやパフォーマンスをする場合は、動きやすさを考慮してスカートの長さを選びましょう。
詳細は個別のオーディションの要件や指示に従って選ぶことが重要です。



フレアースカート
オーディション写真の全身撮影
フレアースカートは、裾の広がりのあるデザイン。

フレアースカートは女性らしさや可愛らしさを引き立てる効果があります。腰やヒップ周りをカバーするため、体型をカバーし、スリムな印象を与えることもできます。フレアースカートは、カジュアルなスタイルからフォーマルなスタイルまで幅広く合わせることができるため、オシャレなコーディネートにも活用できます。また、ミニフレアースカートは若々しく、可愛らしい印象を与えます。



ボックススカート
宣材写真の服装
スカートの広がりと動きやすさをもたらす。

ボックススカートは、オーディションの服装として適しています。プロフェッショナルでエレガントな印象を与えることができます。

膝丈のボックススカートは、足元の動きをスムーズにするので、パフォーマンス時にも便利です。ショートパンツと異なりスカートが揺れることでエレガントな要素を加えることが出来ます。

オーディションで良い印象を与えるために、ボックススカートを選ぶのは良い選択と言えます。



プリーツスカート
劇団四季のオーディション写真
プリーツスカートはひだのあるデザインで、素材にはシフォンやポリエステルなどの軽やかな素材が人気。快適に動きやすくなる。

クラシックなプリーツスカートはシンプルなデザインで、無地やストライプ柄などの基本的なパターンを選ぶと良いでしょう。

ロング丈のプリーツスカートはクラシックな雰囲気を演出したいケースに向いており、ミニ丈のプリーツスカートはカジュアルで若々しい印象を与えたいケースに向いています。



タイトミニスカート
タイトなミニスカートは脚を長く見せることや女性らしさを強調できます。ただし、オーディションの場にふさわしいスタイルやイメージを重視する必要がありますので、全体のバランスやプロフェッショナルな印象も考慮して選ぶことが重要です。



キュロットスカート
ボックス型のキュロットスカート
ボックス型のキュロットスカートは腰回りをカバーできる。



パンツの選び方

細身のパンツ
宝塚の願書写真
ベルト:細身のベルトにゴールドのバックルが上品でいてゴージャス。

  1. クラシックなスーツパンツ:プロフェッショナルでフォーマルな印象を与えます。
  2. スリムフィットのジーンズ:カジュアルなオーディションに適していますが、ジャンルによっては不適切なこともありますので注意が必要です。
  3. タイトなレギンスまたはスキニーパンツ:ダンスやフィットネスのオーディションに適しています。
  4. スラックス:ビジネスカジュアルな雰囲気やコーポレート系のオーディションに適しています。
ただし、オーディションのジャンルや要求によって異なる場合もありますので、事前に指定があるか確認することをおすすめします。



スキニーパンツ
身体にフィットしているスキニーパンツは活発なイメージを作ります。



ショートパンツ
スタイリッシュで個性的な印象を与え、オーディションで動きやすさが向上します。また、脚の長さを強調できます。



靴下、ストッキングの選び方

ジャッジが靴下やストッキングに注目することは少ないですが、以下の点に注意すると良いでしょう。

  1. つま先やかかとの状態:靴下やストッキングが穴や破れていないか確認しましょう。
  2. 色の選び方:シンプルで一般的な色を選ぶことが無難です。特に目立つような柄や色は避けましょう。
  3. サイズの選び方:自分の足に合ったサイズを選びましょう。締め付けすぎず、かといってゆるすぎない程度が良いです。
  4. 着用時のシワやたるみ:靴下やストッキングがシワやたるみにならないように注意しましょう。
  5. 靴との相性:靴下やストッキングの色やデザインが、履く靴と調和するように選びましょう
オーディションではパフォーマンスや才能が重視されますので、靴下やストッキングの選び方について過度に気にする必要はありませんが、清潔感やプロ意識を持つことは大切です。



靴選びのポイント

オーディションの靴選びはデザインとヒールの高さがポイントです。デザインは目立つことを避け、高さはバランスを考えて決めると良いでしょう。オーディションでは「7cm」前後を推奨します。この高さの特徴として、バランスが整い易い反面、スタイルもよく見えます。以下ではデザインヒールの特徴と効果を解説します。

適度なヒール高を維持する

ピンヒール
オーディション写真の靴選び
足首やふくらはぎの筋肉を鍛え、姿勢を改善し、脚を長く見せる効果もある。

ピンヒールとは、スティレットヒールとも呼ばれ、細く尖ったハイヒールのことを指します。




セットバックヒール
オーディション写真 全身
重心が後ろに移動し足の安定性が向上。ケガ予防の効果が期待される。

セットバックヒールは、ヒールの位置が従来のシューズよりも後方に配置されています。




チャンキーヒール
オーディション写真 全身
チャンキーヒールは、ファッションアイテムとして人気があり、様々なスタイルに合わせることができる。

チャンキーヒールは、太めのヒールが特徴です。このヒールは、より広い面積で地面を支えるため、安定感があり、足首や脚への負担を軽減する効果もあります。




色が与える心理

オーディションの服の色に関しては、明るめの色や淡い色が一般的に好まれる傾向があります。適切な色の選択は個人の印象を良くするのに役立ちます。ただし、オーディションの要求や業界の慣習にも配慮することが重要です。役やコンセプトに合った服装を選ぶことで、良い印象を与えることができます。

おすすめの色: オーディションに適した服装の色は、落ち着いたトーンや中立的な色が良いです。服が目立たないことで個人のスキルや表現力が眼目となります。無難な選択としては、ブラック、ネイビー、グレー、ホワイトが挙げられます。これらの色はプロフェッショナルな印象的に映ります。

避けるべき色: 目立ちすぎる色は、オーディションの場で服装や色彩が注目されてしまう可能性があります。レインボーカラー、蛍光色などが上げられます。



色が心理的影響を与える可能性
色のイメージは、特定の色が人々に対して引き起こす感情や印象を指します。例えば、赤は情熱的でエネルギッシュな感情を引き起こすとされ、青は冷静で穏やかな感覚をもたらすとされます。また、色の組み合わせも影響を与えます。そこで、色から感じる特性を掴めば、自分に相応しい色選びのヒントになります。

赤:積極性がありで情熱的な人
オレンジ:楽しくて思いやりのある人
ピンク:若々しく愛らしい人
黄色:明るい人
緑:落ち着きのある癒し系の人
青:冷静で爽やかな人
青紫色:エレガントで品のある人
紫色:謎めいた神秘的な人
白:清潔で純粋な人
グレー:地味だけど協調性のある人
黒:クールな都会人
銀:冷たい反面洗練された人
金:高級感のある人
以上、カラー選びの参考にしてください。



もう迷わない!大事な場面でのNGな服装の回避術

受ける役柄やイメージに合わない服を選ぶと、オーディションの審査員にはあなたの演技やポテンシャルを正確に評価する機会が与えられない可能性が高まります。また、似合わない服を選ぶことで、自信を持てない印象を与えてしまうかもしれません。

オーディションの服装で避けたいアイテムは以下になります。

  1. 露出が多い服装やセクシーな衣装は避けましょう。オーディションのプロフェッショナリズムを重視するため、控えめで適切な服装が求められます。
  2. ロゴや派手な柄の服装もNGです。服装自体が目立ってしまうと、自分の演技力や表現力が十分に評価されない可能性があります。
  3. 暗い色や地味な色は避けた方が良いでしょう。なぜなら、明るい色や鮮やかな色は注目を引きやすく、パフォーマンスや印象をより鮮明に伝えることができるからです。
  4. カジュアルすぎる服装も控えてください。オーディションは真剣な場ですので、それを示すためにも「フォーマルさ」を意識しましょう。
  5. 厚手の服を着ると自然な動きが制限され、重たく見える可能性があります。また、体のラインが見ずらいことが要因の一つに上げられます。オーバーサイスの服は体型が分からず審査の対象外です。
  6. 不潔な服装(汚れた服)は、人の性格や取り組み方についての連想を引き起こす可能性があります。
もし、気になることがあれば再考して、あなたの個性や魅力を最大限に引き出す服装を考えましょう。



【まとめ】

オーディション写真の服装選びにおいては、自分自身を最大限にアピールすることが重要です。適切な服装を選び、自信を持ってオーディションに臨むことで、合格の可能性を高めることができます。過去の成功例を参考にしながら、自身の個性や魅力を引き出す服装を選ぶことをおすすめします。

【WEB予約】


24時間/365日





合わせて読みたい