コンテスト オーディション写真

顔を細く見せる宣材写真テクニック 1選

顔を細く見せる宣材写真のつくり方

宣材写真を美しく又は可愛く撮りたいと思う気持ちは万人に共通する点ですが、具体的に多いリクエストの一つに「顔を細く見せたい」ということがあります。

顔を細くみせる、つまり丸顔に見せたくないという気持ちは「典型的な美人の卵型の顔」したいことになります。そこで面長顔(おもなが)に表現するための幾つかのテクニックを紹介います。

卵型の美人顔に撮る方法

顔を細く見せる宣材写真

顔を丸く見せない為には、メイク、髪形、撮影アングル、照明効果などを工夫することで可能となります。

その中から「あなたの雰囲気に適したテクニックを選択」して撮影すれば面長な顔が出来上がります。典型的には顔をやや横に向け顎を上げることで完成します。

一方、丸顔が悪いかと言うと、それは全くの誤解であり人気の「可愛い顔」にするには丸顔にすると言っても過言ではありません。

そこで必要となるのが、なぜ、面長の顔にしたいのか、丸顔のどこが嫌いなのかをカメラマンとユーザーの間で共通のコンセンサスと持つことです。

そして互いに理解を深め理想的な仕上がりを目指すのです。

何枚か撮影してみると理解が早い

理論を戦わせるよりも簡単で確実な方法があります。それが撮影前練習プラン、プチレッスン、フルレッスンです。これは本番撮影前に数十枚テスト撮影して、すぐさまモニター写しだし、話し合うことで「上手くまとめ上げる」ことが出来ます。

3つのNO.1
  1. オーディション写真・宣材写真掲載人数(220名以上)
  2. 情報数(約330ページ)
  3. 合格者掲載数(多数)

TS新宿スタジオ ここが違う

合わせて読みたい