コンパニオン オーディション写真 服装

著者:フォトグラファー タツヤ
LINEで送る
Pocket

コンパニオン オーディション写真の服装選択

季節が春に向かってくると沢山のイベントが開催されます。

それに伴ってイベントコンパニオンの出番が増え、オーディション写真撮影が盛んになります。

当フォトスタジオでもその傾向があるので『撮り方対策』を紹介します。
コンパニオンさんは「イベントの華」とも言える存在なのでオーディション写真は華やかに撮影します。

イベントでの接客は笑顔となりますので撮影も笑顔が中心です。

また接客業であることから好感度が大切な半面、憧れの的として「美しい」ことも大切と思います。

コンパニオン撮影の場合、衣装はでは大きく二つに分けられます。

スーツ又はカットソーしする

スーツは「トラッド」なイメージがあり保守的です。

ダークカラーを着る場合は少なく、ペールトーンの薄い色モノが多いです。

見た目より薄く仕上がる傾向が強いので、それを計算して多少トーンの低い(暗い)服にします。

デザインはトップを短くすることで脚長に見えます。

スカートはセミタイト又はセミフレアーが良いでしょう。

ポーズはベーシックにしますがボディーラインは出来るだけ美しくします。

カットソーはスーツより攻めのファッションです。

それは体のラインが分かり易くなるので、ポーズの自由度が広がり強調することができるからです。

トップはタンクトップやセミタイトのブラウスが良いでしょう。

ショート丈にすれば脚長、胴短スタイルが完成します。

ボトムはスカート又はショートパンツとなります。


関連ページ




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

著者について

フォトグラファー タツヤ administrator

カメラマン、ファッションデザイナー、ヘアメイクのキャリアを持つ。 24歳で芸能人相手のヘアメイク事務所に所属。後にファッションデザイナーになる為、デザイン学校に入学。就職後、渡英し2年ついやす。 帰国後 広告カメラマンの撮影に参加。独立後メディア関連を含め様々な撮影に携わる。そのかたわらタレント事務所写真講師、モデル養成プロダクションの撮影もこなす。 詳細はこちら